クールな生活

日々の雑感と意見

北朝鮮は韓国大統領朴槿恵の内政失敗の機をどのように利用するだろうか

2016-11-02 18:49:49 | 時事問題 政治
韓国は今、大統領朴槿恵の国家機密にふれる可能性のある行いにより、国内が大騒ぎになっている。強い軍隊を有している国は、隣国が窮地にあるときには迷わず攻めて、領土拡張を狙う。ヒトラードイツのズデーテン併合などの例がある。直近では、ISがイラクで拡大した。北朝鮮軍は必ずしも韓国軍よりも強いとはいえないかもしれないが、韓国のみならず、世界が北朝鮮の動きには注意すべきであろう。

北朝鮮労働党委員長金正恩は、北朝鮮を主体に南北を統一したいという野望を持っていると理解している。今、韓国は内政上窮地に陥っていて、外交まで手が回りにくい状況である。北朝鮮労働党委員長金正恩は、一つには、憎い朴槿恵が失脚するかもしれないという事態になっていることにほくそ笑み、もう一つには、韓国のごたごたを何とか利用しようと思案していることだろう。

北朝鮮労働党委員長金正恩は、どんな手に出るか。北緯38度線辺りを少しくすぐるとか、2010年に大延坪島近海で起こったような朝鮮人民軍と韓国軍による砲撃戦まで引き起こすかなどがあり得ないことはない。今や、核保有国に近づいているから、核の脅しをかけることも考えられる。脅しはこれまで何度かしてきたから、恐れはするが、またかとも思う。韓国側は、戦々恐々としていることだろう。武力でなく、韓国の今の弱みを上手くつくには、外交カードを出すことだってある。

北朝鮮労働党委員長金正恩が本当に南北統一を考えているなら、韓国に対して有利になれる時ではないかと思われるが、彼はこの機会を利用するだろうか。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲問題での東京都副知事中... | トップ | TPPをめぐる農水相山本のヘマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事問題 政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL