Sweet pea

何気ない日々・・・だけど毎日が発見
そんな日々の出来事をゆるゆると

母の散骨

2017-04-23 | イベント
昨日はお天気で、最近には珍しく
青空が広がりました





満開の桜もあったけれどさすがに京都の山奥
母の御衣黄はまだつぼみでした


私の普賢桜も全く咲いてない(笑)



でも木の根元にみんなで少しづつ散骨し
少しだけビールもまいて(笑)



この時期父に植えたこぶしは満開




父のお骨もまだ残っていたのでそちらも散骨

その後お茶を飲んだりお土産にいただいた
お菓子を食べたり、しばしおしゃべりの後
それぞれの車で京都オークラへ移動
17階のオリゾンテで夕食をご一緒に

総勢24名だったので北側の区切られた場所で
お天気も良く、北側も全面ガラスなので
京都の東側、北側が一望できました

その景色にみなさん喜んでくださったけれど
東京組は一段と盛り上がっていましたよ(笑)

普通なら忌明けとか、納骨とかで
行われるであろう集まり
無宗教でお墓も作らない実家はこういう形で
1つの区切りをつけました

ところでみなさんは散骨というと
どんなものだか???ですよね(笑)

許可がいるんじゃないの?とか
違法なんじゃないの?とか

韓国ドラマで遺灰を海や川にまいたりする
シーンがよく出てきますが
そういうのではなくて、粉状にしたお骨を
小さじ2杯分くらい木の根元だとか
山なら岩陰とかにまきます
土の栄養にはなっても毒になることはないはず
ただ、私達家族は父が亡くなった時も
迷うことなくこういう方法を選びましたが
とてもこんなやり方にはついていけない
と言う方もおられます

お葬式も、埋葬も人それぞれの思いや考え方か
あるので一概には言えませんが
山や旅行が好きだった両親にとっては
景色の良いいろんな場所に散骨することが
1番の供養になると思っています

実際はお墓に入れたり、お骨を預けたりの方が
絶対簡単だと思いますが(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 66歳の誕生日 | トップ | 事件はティータイムの後に »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くーねる)
2017-04-23 05:43:00
お疲れ様でした。
いいお天気でお母様らしい、とっても素敵な集まりになりましたね。

お葬式の時もそうですが、こんな方法がある事が衝撃でした。
でもこんなやり方はいいな~って思いました。
お墓を作ったり納骨したりと儀式事に大きなお金が動いて、気持ちが付いて行かないというか。
決められたルートに沿って進めていくだけというか。

こんな素敵な方法を知っていたらそうしたかったです。
でもすでに私の入るお墓があるから無理だわ~。
とにかくお疲れ様でした。
お母様の散骨、お疲れ様でした。 (masamikeitas)
2017-04-23 05:47:48
かずちゃん、おはようございます。

お母様の散骨、お疲れ様でした。

>母の御衣黄はまだつぼみでした

ちょっぴり残念でしたね。

>その景色にみなさん喜んでくださったけれど
東京組は一段と盛り上がっていましたよ(笑)

24名もの大勢の方がいらっしゃったんですか!
良い供養になりましたね。

>山や旅行が好きだった両親にとっては
景色の良いいろんな場所に散骨することが
1番の供養になると思っています

なるほど。
そこまでしていただいて、ご両親が一番喜ばれているように思います。
満開かと・・・・ (ko-chanママ)
2017-04-23 07:22:43
花は、まだ咲いていなかったのですね。
やはり京都の山奥、寒いところなのですね。

これから久しぶりに、ふたりっきりでお花見を楽しんでもらいましょう
おじちゃんに話しかけるおばちゃんの声が聞こえてきそうです。

散骨は私もおじちゃんの時が初めてだったけれど、いいなって思いました。
好きなところに眠れるのは最高。

夏にはまた、行くところがありますね。
その時は、一緒にいけるといいな。
Unknown (きつつき)
2017-04-23 08:45:54
無宗教での葬儀とか散骨という方法 とても勉強になりました
私もこういう方法を指定してくれたらよかったのにと思いましたが 葬儀お墓などすべて決まっていて変更は出来なかった
また改めて教えを願うかもしれませんがその時はよろしくご指導くださいね
アッ 遅れましたが誕生日おめでとうございます
遅くなりましたが (かっつん)
2017-04-23 08:59:24
おたんじょうびおめでとうございま・・した

そういう方法ももちろん知ってましたが、散骨って今まで考えたことありませんでした
自分の時はそれも悪くないかもしれません
初めて具体的に見させていただいたような気がします
色んなものが変わってゆくんですね
そうかあ (koumama)
2017-04-23 09:08:57
私も父の時に
父の実家のある千葉の九十九里の海に散骨してあげれば良かったなあと今思いました
最期のころ
ホームで
深川の自分の家に帰りたいといってたけど
実家の海の話ばかりをしてたんですよね
散骨した場所でこれからも
お母さんに会えるような
花が咲くたび思えるよね
とっても素敵なことだと思います
くーねるさんへ (かずちゃん)
2017-04-23 10:33:53
コメントありがとうございます。
本当に青空で空気がすんでいて良い一日になりました。

すでにお墓があったり、きちんとお寺さんとつながりのある方がこういう選択をするのはなかなか難しいと思います。
お墓も仏壇もない家だったから誰はばかることなくこういう形にできました。

自由に何かにしばられることなく生きてきた両親にはこれでよかったと思っています。
masamikeitasさんへ (かずちゃん)
2017-04-23 10:38:47
コメントありがとうございます。
いつも連休か連休明けくらいにいくと咲いている御衣黄、そのかわりこぶしの花の満開ははじめてです。

昔からの知人、そしてここ数年とっても親しくさせていただいてた方々
新旧とりまぜての集まりでした。
体調がおもわしくなく、お誘いできなかった方もおられて残念でしたけれど、母も喜んでくれたと思います。
ko-chanママさんへ (かずちゃん)
2017-04-23 10:48:55
コメントありがとうございます。
ko-chanママさんの念力でいいお天気になりました(笑)

御衣黄はみられなかったけど、満開のこぶしをみることができてよかったです。

今頃「そやかてお父さん・・・」って言ってるでしょうね(笑)

みなさん、無宗教の葬儀や散骨をいいなって
言ってくださるけれど、実際にそれをできるかどうかというと難しい問題が・・・

夏はお盆休みにはいる少し前に行けたらいいねって言ってます。
きつつきさんへ (かずちゃん)
2017-04-23 10:56:56
コメントありがとうございます。
おめでとうの言葉も。

もともとあるものを無くすというのはむつかしいです

何もないからどんなふうにでも決められる。
仏教でも宗派によってきめられていることはすごく差がありますしね

実家はこういう風にしましたが、私自身や夫はどうするのか???
今あるお墓をどうするのか、逆に問題は多々ありますが、それは子供たちがどうしたいかにかかってくると思います。

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。