ないっ!!(蒼白

4月4日「ハンジョウ 下見3日目」のことを書きます。

3月末の一時帰国以来子ども達を横浜の実家に預けたままで私と夫だけ北京に戻り、そこから杭州へ飛び立って駆け足でマンション回りをし、学校見学にも行きました。

北京に戻る日、朝一番にホテルに迎えの車が来て空港へ。空港で必要なものを用意しておこうとバッグの中をあらためていて気づいたんです、「あれ?ない。。。」

そんなはずは絶対ないから車の後ろのトランクに積んだ旅行バッグの中にあるだろうと思ってました。
なのに空港に着いて旅行バッグをくまなく探してもありません。

「本当にない。。。」

血の気が引きました。
なかったのは航空券ではなく、、、、パスポート。。。。

中国内の飛行機では国内線でもパスポートチェックが必須です。

空港にいるのに、航空券はあるのに、子供たちを迎えに北京に絶対戻らなければならないのに、飛行機に乗れない・・・・・・・・・・・!!

ああ、このときの気持ち、どうか想像してみてください!

動揺する気持ちを抑え、上海領事館に電話し、手続きについては聞くことができました。それが、、、

 ①失くした場所の最寄の派出所で紛失届を出し、証明書をもらう。

 ②出入境管理局でパスポート遺失届を発行してもらう。→1~3日かかる

 ③日本大使館(北京)か領事館(上海)でパスポート申請。→1週間かかる

 ④出入境管理局でビザ再取得。→2週間前後

しかも!
折りしもこの日は中国で今年から新たに制定された「清明節」の連休の真っ最中
公共機関が全部休みで3日待たないと開きません。(領事館だって「緊急用」の窓口でした。)

一項目聞くごとに金槌でガンガンと頭を叩かれ地面に埋め込まれていくような気分。。。

ハンジョウに足止め!?
ま、いずれ引っ越してくるのだからいいっか。
いやいや、引越しの荷物出しをしなければ!
それよか、日本から北京に戻ってくる子供たちを北京空港まで迎えに行かねば!!

恥を忍んで夫の会社(ハンジョウ)の方に相談。
北京へ直通の列車があることを教えてくれました。
それだ!ハンジョウでの手続きをすっ飛ばして北京に戻っちゃえ!
で、切符の手配を依頼。待つ時間が長かったです。
数本「満席」の連絡のあと、ようやく夜遅い列車の切符が取れたとの報告。
やった~!今日中にハンジョウを発てる!子供たちの迎えに間に合う!

車内の検札でパスポートチェックがあるかもしれないとのことで会社で「身元証明書」みたいなものも作ってくれました。

夜 22:55杭州駅発、翌日14:00北京駅着。15時間。

こういうわけで列車での帰京となったのでした。
(→過去記事「夢の?悪夢の?寝台列車」)


北京に戻れてひとまずは「ほっ」。
でもまだパスポートの手続きがあります。引越しが1週間後に迫ってます。
冷や汗は続きます。。。。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« チベット騒動... 遺失証明の申請 »
 
コメント
 
 
 
やっぱり・・・ (3兄弟ママ)
2008-04-30 19:25:54
信じられな~~い!!

パスポートをどうにかしたんだろうな~!
とは思っていたけど・・・

失くしちゃったんだぁ。

いつまでもこのままのpeaさんでいてください。
楽しすぎます(笑)
 
 
 
●3兄弟ママさん (☆pea)
2008-05-01 15:57:19
「失くした」じゃなく「無くなった」んですっ。
とにかくどこでなくしたかどう考えてもまったく心当たりがないの。北京空港で取り出して以降はまったくしまいっぱなしだったしバッグはずっと手元にあったしスリに合うような人ごみにも入らなかったし。。。

2年間住んだ家の電話番号もそれより数字の多い携帯電話番号も結局覚えられなかった私が、せっかくめっずらしくあのパスポートの番号は覚えたのに。そんな珍しいことしたからだと夫は言うんだけど・・・・・ぶー。
 
 
 
え! (Tomoko)
2008-05-03 00:07:01
そういうことだったのかー! 一体何が起きてたんだろうと気になっていたのよ。
それはそれは、災難でしたね!
日記の続きが気になります。
 
 
 
●Tomokoさん (☆pea)
2008-05-03 07:07:54
パスポート紛失は致命的だよね、ほんとに。
でも真っ先に電話した上海領事館の人が「大丈夫ですよ」って言ってくれたその一言にすっごく救われました。そのあとに教えてもらった手続き内容はちっとも「大丈夫」なものじゃなかったけど・・・。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。