PEA ~10年先の海外留学~

名門BS留学を目指すブログ

#694 プログラミングよりタイピング

2017年06月19日 | 教育
名門ボーディングスクールを目指して
第694回


我が家では、毎日の読書とと共に、
タイピング練習も日課にしている

タイピングの課題にする本は
全て学年に合った洋書で
ギリシア神話の神々を紹介した本や
スポーツの起源を説明した本など

これらの本の各ページの文章を
毎日15分ほど、
タイピング練習させている

文章を読んで、キーボード入力するので
単純に読むだけの読書よりも、
じっくりと文章を読むため
単語のスペルを 覚えるのに役立っている

自身の経験上、
後々プログラミングを学ぶ上でも
タイピングが出来る方が効率が良い

留学する際にも、
速くて正確な英語でのタイピングが
出来ないと苦労する場面もある

メッセージなど短い文章の場合、
音声入力も便利だが
プログラミング作業となると、キーボードを使った入力の方が圧倒的に速い

プログラミング言語のコマンド(命令語)は、英語を使っていることが多いので
英語とプログラミング言語は、平行して学びやすい

しかし、低学年(小1〜2年)のうちから
プログラミング教室に通っても
低学年の読解力に合わせたテキストでは
やれる事も少ないので、費用対効果の面で満足度が低いように思う
(上記は、あくまで個人の意見)

我が家の場合
英語教育にも力を注いでいるので
タイピング練習の方が役立つと判断し
実際に、効果があると感じている

最近では、15分で約1000〜1200文字
タイピング出来るようになっている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #693 プログラミング教育とは? | トップ | #695 4日間で12万円 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL