peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

格が高く、めでたい樹木 クロマツ(黒松) 2017年1月3日(火)

2017年01月03日 | 植物図鑑

(上4つ)宮城県多賀城市「末の松山」のクロマツ(黒松):2016.10.25.

(上3つ)一関市東山町松川「館山公園」のクロマツ(黒松):2016.12.9.

(下2つ)宮城県大崎市「大崎八幡宮」の”日本一の大門松”:2016.12.10.

栃の葉書房 2017年12月12日発売の「趣味の山野草」2017年1月号”格が高く、めでたい樹木 クロマツ” (トコトン樹木を好きになろう 37)という表題の記事が4ページにわたって掲載されていました。

 ’慶事の意匠に松竹梅というものがある。これは吉祥を表すおめでたい植物の代表とされ、冬場でも色褪せず緑が映える、それに寒気の中でも花を開き芳香を放つが選ばれた。これらを門松に仕立てたり、三種を寄せて鉢植えとして飾ることの他に、長唄や落語の演題、画材や各種デザインに、またブランド名にも使われている。そして、近年では料理などの等級を表す際にも用いられ、を最上位とし、を中位、を並として扱う場合が多い。

 その最上位に君臨するだが、基本的にはアカマツ(赤松)ではなく、クロマツ(黒松)が当てられることがほとんどである。(以下省略)’

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「世界の椿館・碁石」の観葉... | トップ | 「世界の椿館・碁石」の椿・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。