peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、小さなデジカメを持ち歩いて撮っています。

一関市狐禅寺「磐井病院」のガマ(蒲) 2016年10月2日(日)

2016年10月13日 | 植物図鑑

ガマの穂(果期)。先端に雄花の穂の軸が残っている。

2016年10月2日(日)、一関市狐禅寺にある岩手県立磐井病院&南光病院に行きました。建物の裏側にある池に群生しているガマ(蒲)が、「蒲の穂」を沢山つけていました。

ガマ(蒲)ガマ科 ガマ属 Typha latifolia

池や沼、川の縁などに群生する大形の多年草。高さは1.5~2m、茎は円筒形で直径5~8㎜。葉は厚く、線形で長さ1~2m、幅1~2㎝。基部は筒状に合着して茎を包んでいる。花期6~8月。花には雄花雌花とがある。茎の先端に無数の雄花がついた黄色の穂がつき、そのすぐ下に淡緑色の雌花の穂がつく。雄花の穂は長さ7~15㎝で、良く見ると3段に分かれているのがわかる。雌花の穂は長さ10~20㎝で、花の頃は直径約6㎜、成熟して茶褐色になると直径2㎝近くになる。果実の基部には白い毛がある。一つ一つの実は小さいが、沢山集まってついているので、晩秋には果穂は白い毛のかたまりのようになり、風に吹かれると、ばらばらになって飛んでいく。分布:北海道~九州。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑2・夏の花」より]

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市狐禅寺のススキ(薄・... | トップ | 一関市狐禅寺「磐井病院」の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL