peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

「世界の椿館・碁石」の椿・古都の香(ことのかおり) 2016年12月21日(水)

2016年12月31日 | ツバキ(椿)

2016年12月21日(水)、久しぶりに「世界の椿館・碁石」(大船渡市末崎町字大浜280番地1)に行ってきました。未だ花の数が少ないためか、入館料200円(大人)でした。

 大温室「海外の原種椿」コーナーの前列に展示されていた鉢植えの古都の香(ことのかおり)という椿が、濃桃色の一重、盃状咲き、有香、極小輪の花を沢山咲かせていました。

 ツバキ(椿)・古都の香(ことのかおり)ツバキ科 ツバキ属 Camellia Koto-no-kaori

[産地]新潟。[花]濃桃色の一重、盃状咲き、筒しべ、有香、多花性の極小輪。[花期]2~3月。[葉]長楕円、小形。[樹]立性、密生。[来歴]東海ヒメサザンカの種間雑種。1977年に大岡徳治の命名・萩屋薫の発表。[誠文堂新光社発行、日本ツバキ協会・編「日本ツバキ・サザンカ名鑑」より]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「世界の椿館・碁石」のノボ... | トップ | 「世界の椿館・碁石」の椿・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。