peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、小さなデジカメを持ち歩いて撮っています。

一関市東山町「柴宿団地」の キーウィ 2016年10月14日(金)

2016年10月14日 | 植物図鑑

2016年10月14日(金)、一関市東山町長坂字久保&柴宿にある「柴宿団地」と呼ばれている住宅団地を散策しました。メーンストリート沿いにある民家の庭に植栽されているキーウィ褐色の毛に覆われた果実を沢山付けていました。 

キーウィ マタタビ科 マタタビ属 Actinidia chinensis

中国原産のシナサルナシをニュージーランドで改良したつる性の果樹。褐色の毛に覆われた果実がニュージーランドの国鳥キーウィに似ていることからこの名がある。葉は互生し、長さ8~15㎝の円形~卵円形で、裏面にはビロード状の綿毛がある。冬は落葉する。花期5~6月。葉の付け根に直径3~4㎝の香りのよい白い花が咲く。雌雄別株。果実は原種では長さ5㎝以下だが、改良種では8㎝にもなり、晩秋に熟す。果肉は酸味と甘味があり、香りもよい。多くの品種がある。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑3・秋の花」より]

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市東山町「柴宿団地」の... | トップ | 一関市東山町長坂の ピーマン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL