peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

「岩手県立花きセンター」の洋ラン・デンドロビウム ’スノーフレイク’ 2017年2月28日(火)

2017年03月06日 | 洋ラン

2017年2月28日(火)、朝から天気が良かったので、岩手県立花きセンター(胆沢郡金ケ崎町六原頭無2-1)に行ってきました。昨年から進められていた「研修温室」や「花の館温室」のリニューアルが行われていました。

 研修温室内の「高温区」に展示されている鉢植えのデンドロビウム・スノーフレイクと思われる洋ランが花を沢山咲かせていました。

洋ラン・デンドロビウム ・スノーフレイク ’レッド・スター’ ラン科 デンドロビウム属 Dendrobium(Den.)Snowflake

Cassiope×nobile、1904年登録。セッコク系の特殊交配。草姿はやや小型。肉厚で丸弁、光沢のある中輪の花を横向きに密につける。花径約6㎝。早咲きで株立ちがよい。開花期は冬から春。

[個体]’オトメ’ 'Otome' 白地に弁先は紅紫色。唇弁の喉部は紫紺色。’レッド・スター’ '

Red Star' 濃紅紫色、唇弁の喉部は紫紺色の目、周囲は白色で先は濃紅紫色。ほかに’アサヒ’'Asahi'など。[山と渓谷社発行「山渓カラー名鑑・蘭ラン」より]https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%A6%E3%83%A0[デンドロビウム:Wikipedia]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「岩手県立花きセンター」の... | トップ | 「岩手県立花きセンター」の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋ラン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。