peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、小さなデジカメを持ち歩いて撮っています。

奥州市水沢区黒石町のウメモドキ(梅擬) 2016年10月16日(日)

2016年10月18日 | 植物図鑑

2016年10月16日(日)、奥州市水沢区黒石町黒石郵便局に立ち寄りました。道路を挟んだ向かい側の民家の庭に植栽されているウメモドキ(梅擬)が、真っ赤に色づいた実を沢山付けていました。 

ウメモドキ(梅擬)モチノキ科 モチノキ属 Ilex serrata

山地のやや湿った所に生える落葉低木。赤い実が美しいので、庭木のほか、盆栽にも使われる。高さは2~3mになる。葉は互生し、長さ4~8㎝の楕円形~卵状披針形。6月頃、葉のつけ根に直径約3㎜の淡紫色の花を付ける。雌雄別株。果実直径5㎜ほどで、秋に赤く熟し、葉が落ちた後も暫く残る。果実の白いものシロミノウメモドキ(白実の梅擬)、黄色のものキミノウメモドキ(黄実の梅擬)という。実は野鳥の好物。分布:本州~九州。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑3・秋の花」より]

 

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥州市水沢区黒石町のカラタ... | トップ | 芦東山記念館館長講座第3回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL