peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、小さなデジカメを持ち歩いて撮っています。

クマシデ(熊四手)

2007年07月31日 | Weblog
岩手県立博物館のクマシデ(熊四手)の若い果穂





2007年7/29(日)、岩手県立博物館(盛岡市上田字松屋敷34番地)に
ある「植物園・岩石園」に植えられている「クマシデ(熊四手)」が、
沢山の若い果穂をつけていました。






室根山のクマシデ(熊四手)の果穂 2005年9月28日
クマシデ(熊四手)カバノキ科 クマシデ属
 Carpinus japonica
山地の谷沿いなど、やや湿ったところに生え、高さ15mほどに
なる落葉高木。樹皮は黒褐色で、老木では縦に割れ目ができて
はがれる。若枝には毛と腺毛がある。

葉は有柄で互生し、長さは5〜10cm、幅2.5〜4cmの長楕円形また
は狭長楕円形で、先端は鋭く尖り、ふちには鋭い重鋸歯がある。
側脈は20〜24対ある。仲間の「サワシバ」とは、葉が細く、基部
がはっきりしたハート形にならないこと、側脈の数が多いことな
どで区別できる。

花は4〜5月、葉を開くと同時に花を開く。雌雄同株で、雄花と
雌花が別々の穂につき、どちらも垂れ下がる。雄花序は前年枝か
ら垂れ下がり、黄褐色で長さ3〜5cmで雄花穂より大きい。雌花序
は緑色で本年枝の先端につく。

初夏には、長さ5〜10cmの長楕円状円柱形の緑色の果穂が枝から
ぶら下がり、秋(9〜10月ごろ)に褐色に熟す。果苞はびっしり
と重なりあう。果穂の柄には毛が密生する。シデ類の中では最も
太い。

 分布:本州(岩手県以南)、四国、九州

シデの仲間は葉状の苞が目立つ果穂をつけるが、「シデ」の名は
果穂を玉串やしめ縄につける四手にたとえたものといわれる。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
岩手県立博物館 カバノキ科
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ツリガネニンジン(釣鐘人参) | トップ | アカバメギ(赤葉目木) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。