peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

一関市千厩野草会「春の山野草展」のリュウキンカ(立金花)2017年5月4日(木)

2017年05月05日 | 植物図鑑

(下)ヒメリュウキンカ’カッパーノブ’:葉変わり系。ハート形のカラス葉。花は黄色で咲き、白く退色する。

2017年5月4日(木)、一関市千厩野草会(金野昌敏・会長)主催の「春の山野草展」[5/4(木)~5/5(金)、会場:千厩ショッピングモール・エスピア]が始まったので観に行ってきました。

山野草展で良く見かけるリュウキンカ(立金花)が、2鉢展示されていましたが、良く見たら1つはヒメリュウキンカ’カッパーノブ’という品種でした。

リュウキンカ(立金花)キンポウゲ科 Caltha palustris var.nipponica

特徴:山麓の湿地や沼などの浅い水中に生える多年草黄金色の花を立ち上げて咲くことからこの名がある。花茎は直立し、高さ20~50㎝。花茎上部に付く茎葉の葉脈や茎頂に、鮮やかな黄色の花を付ける。根生葉は腎円形~心円形で、縁に鈍鋸歯がある。エゾノリュウキンカは本種よりも大型。花期:5~7月。分布:本州・九州。

栽培:春・秋は日当たりと風通しの良い場所で、花後~夏は半日陰に、冬は凍結から保護できる場所で管理する。湿生の植物なので、水切れに注意する。春・秋に置き肥を与える。植え替えは春に行い、硬質赤玉土・硬質鹿沼土の混合土か、ケトで底穴のない鉢に植え、水を張っても良い。増殖は株分けによる。鉢植えに適した流通品にヨーロッパ原産ヒメリュウキンカがある。[栃の葉書房発行「別冊趣味の山野草・山草図鑑」より] 

ヒメリュウキンカ(姫立金花)’カッパーノブ’ キンポウゲ科 キンポウゲ属  Ranunculus ficaria 'Coppernob' 

http://www.sanyasou-sodateru.com/saibaisousyun/himeryuukinka.htm [ヒメリュウキンカ(姫立金花)の育て方:山野草を育てるNori&Wako

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市千厩野草会「春の山野... | トップ | 一関市千厩野草会「春の山野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。