peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

一関市厳美町のコスモス(秋桜) 2016年8月30(火)

2016年09月18日 | 植物図鑑

2016年9月11日(日)、一関市博物館(入間田宣夫・館長)主催の「平成28年度・史跡めぐり~磐井の石めぐり」が、室根史談会、室根市民センター、小山石材店の協力で実施されました。

 終了後、出発地である一関市博物館(一関市厳美町字沖野々215番地1)までバスに乗って戻ってきたのですが、国道342号線を挟んだ向かい側の空き地に沢山植栽されているコスモス(秋桜)が花を沢山咲かせていました。

コスモス(秋桜)キク科 コスモス属 Cosmos bipinnatus

メキシコ高地原産の一年草。花の形からアキザクラ(秋桜)の和名がある。秋には1.5mにも育ち、直径4㎝ほどの頭花が多数咲く。頭花の中心部には黄色の筒状花が集まり、外側には8個の舌状花が整然と並ぶ。舌状花淡いピンク、白、紅色などがある。葉は対生し、糸のように細かく切れ込み、摘むと特有の匂いがする。

キバナコスモスC.sulphureusは全くの別種で、花の色濃黄色のほか、橙色、赤色などがある。葉の切れ込みはコスモスより粗い。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑3・秋の花」より]

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市東山町田河津のホソバ... | トップ | 胆沢郡金ケ崎町のキクイモ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。