peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

「第12回秋の洋ラン展」のファレノプシス・オレンジマジック  2016年12月2日(金)

2016年12月07日 | 植物図鑑

2016年12月2日(金)、岩手蘭友会(会長・及川正道、会員19人、事務局・佐藤正人:奥州市水沢区高屋敷34-4)主催「第12回秋の洋ラン展」が、水沢メイプル4階催事場(水沢区横町)で始まりました。(12/4(日)午後4時まで)

「販売コーナー」の近くに花を沢山つけたファレノプシス・オレンジマジックという名のが展示されていました。 

ラン科 ファレノプシス属 Phalaenopsis(Phal.):約50種が東南アジアを中心にインド、オーストラリア北部、フィリピン、台湾、中国南部に分布する。単茎性、常緑性の着生ランで短い茎に幅広い肉厚の葉を数枚互生する。緑葉種斑入り葉種とがあり、落葉性種もわずかにある。花茎葉腋から弓状に伸び、数~数十輪をつけ、花色白、黄、桃、緑色など変異に富む。花弁の幅が広く、唇弁にひげ状突起がある花を多数つけ、一斉に開花するファレノプシス系統と、花弁と萼片が同長同形で、星形の肉厚な花を1~数個ずつ順に咲かせるスタウログロッチス系統に分けられる。属名ギリシア語のphalaina(蛾)とopsis(見かけ)の2語からなり、花の形に由来したもので、英名では「モス(蛾)・オーキッド 」という。[山と渓谷社発行「山渓カラー名鑑・蘭ラン」より]

ファレノプシス・オレンジマジック ラン科 ファレノプシス属 Phalaenopsis(Phal.)Orange Magic 

http://www.imgrum.net/media/1342465795301426247_2034267696 [ピンク系ミディー胡蝶蘭:オレンジマジック] 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「第12回秋の洋ラン展」のシ... | トップ | 「第12回秋の洋ラン展」のド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。