peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

えさし郷土文化館のムシカリ/オオカメノキ(大亀の木) 2017年4月23日(日)

2017年04月23日 | 植物図鑑

2017年4月23日(日)、えさし郷土文化館(奥州市江刺区岩谷堂字小名丸102-1)に行ってきました。「平成29年度・相原康二館長のツキイチ講座」に参加することと同館の企画展「人首(ひとかべ)文庫~人と地域をつなぐ文学館」を観るためでした。企画展を観た後、同館の内庭に出てみました。植栽されているオオカメノキ/ムシカリが、大きな花を沢山咲かせていました。

ムシカリ/オオカメノキ(大亀の木) スイカズラ科 ガマズミ属 Viburnum furcatum

葉の虫食われが訛ってこの名がついたといわれる。「オオカメノキ」ともいう。山地に生える落葉低木で、ブナ林に多い。高さは2~5m。は対生し、長さ7~15㎝の卵円形~広卵形で、縁には鈍い鋸歯があり、表面は脈が凹み、皺が目立つ花期4~6月。横に広がった枝に白い花が並んで良く目立つ。花穂の中心部に小さな両性花が多数集まり、その周りを白い装飾花が取り巻いている。装飾花は直径約3㎝。果実ははじめは赤く、やがて黒く熟す。分布:北海道~九州。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑1・春の花」より] 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市東山町長坂のヤマエン... | トップ | えさし郷土文化館・企画展「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。