peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

一関市室根町「室根山」のテンニンソウ(天人草) 2016年9月11日(日)

2016年09月15日 | 植物図鑑

2016年9月11日(日)、一関市博物館(入間田宣夫・館長)主催の「平成28年度・史跡めぐり~磐井の石めぐり」が、室根史談会、室根市民センター、小山石材店の協力で実施されました。

午前中室根山の中にある①胎内くぐり、②室根神社、石仏三十三観音、亀岩、⑤鬼岩、⑥芦東山こもり岩&姫滝を見て終了しました。

そのとき、「胎内くぐり」「田植の壇」の傍に群生していたテンニンソウ(天人草)が花を咲かせていました。昔この山の頂上まで登ったときは、頂上付近にも沢山群生していました。 

(下)「田植の壇」から自動車道路に下る散策路近くに群生していたテンニンソウ(天人草)

テンニンソウ(天人草) シソ科 テンニンソウ属 Leucosceptrum japonicu

山地の落葉樹林などに生える多年草。群生することも多い。高さは50~100㎝。茎は四角形で、下部は木質化する。葉は対生し、長さ10~25㎝、幅3~9㎝の長楕円形で、先は鋭く尖る。9~10月、淡黄色の小さな唇形花がびっしりと集まった花穂をつける。花は下のほうから咲き、花から突き出た長い雄しべと雌しべがよく目立つ。分布:北海道~九州。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑3・秋の花」より]

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市博物館「磐井の石めぐ... | トップ | 奥州市水沢区佐倉河のイネ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。