peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

一関市立川崎市民センターのヒイラギ(柊) 2016年12月13日(火)

2016年12月13日 | 植物図鑑

]

2016年12月13日(火)、一関市立川崎市民センター(一関市川崎町薄衣字諏訪前7-1)の駐車場南西側にある屋外トイレの傍に植栽されているヒイラギ(柊)が、香りの良い白い花を沢山咲かせていました。

 ヒイラギ(柊)モクセイ科 モクセイ属 Osmanthus heterophyllus

山地に生える常緑小高木。庭木としてもよく植えられている。高さは5~8mになる。葉は対生し、長さ4~7㎝の楕円形で堅く、表面は光沢がある。若木の葉縁に針のように鋭く尖った鋸歯があるが、老木の葉は刺がない。10~11月、葉のつけ根に香りのよい白い花束になって多数つく。花は直径5㎜ほど。雌雄別株。果実長さ1.5㎝ほどの楕円形で、翌年黒紫色に熟す。分布:本州(福島県以西)~沖縄。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑3・秋の花」より]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市川崎町「三季」のサザ... | トップ | 「江刺民俗芸能フェスティバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。