peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、小さなデジカメを持ち歩いて撮っています。

一関市厳美町市野々のイワナ(岩魚)屋 2016年10月15日(土)

2016年10月17日 | 

2016年10月15日(土)、一関市教育委員会主催の「骨寺村遺跡の現地説明会」が終わってから、厳美町真湯温泉まで足をのばしました。国道342号線沿いにあるイワナ屋(字市野々原)が開店していたので、久しぶりに焼き立てで熱々のイワナ(岩魚)の塩焼きおにぎりをご馳走になってきました。

 このイワナ屋(佐藤陸三郎さん)のことは、テレビや新聞で報道されましたが、あの岩手・宮城内陸地震から8年になるのですね。土砂崩落で磐井川が堰き止められダム状態になってしまった所も草木が生えて緑色になっていました。

(下)講談社発行「日本の生きもの図鑑」(監修:石戸忠・今泉忠明)より

 

 

 

(上)おにぎりのサービスとして出されたカボチャ(南瓜)の漬物は甘みがあってとても美味しかったです。真っ黄色で可愛らしいですね。

(上と下)クルミ(胡桃)椿の実

(下)サルナシ(猿梨)の実(食べられます)。

(上と下2つ)厳美町に出没したクマ(熊)かと思ったのですが、遠野市で撮影したものだそうです。良く撮れていますね。

(下)イワナ屋の裏の方にある佐藤陸三郎さんの家

(上)磐井川の対岸にある土砂崩落の山。

(上)市野々原公民館

 http://blog.goo.ne.jp/pea2005/e/92dd3ee9dca9d5717201fa106cd50480 [peaの植物図鑑:一関市厳美町「峠のイワナ屋」さん 2016年4月30日(土)]

https://tabelog.com/iwate/A0303/A030301/3002090/dtlrvwlst/7774614/?lid=unpickup_review [『須川温泉ついでにどうぞ(^・^)』by にゃりポン:峠のイワナ屋]

https://tabelog.com/iwate/A0303/A030301/3002090/dtlrvwlst/881347/ [『囲炉裏で焼かれるイワナ焼き専門店』by だーく:峠のイワナ屋] 

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市厳美町「骨寺村荘園遺... | トップ | 一関市厳美町真湯のカツラ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL