peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

「世界の椿館・碁石」のツバキ(椿)・紅乙女(こうおとめ) 2017年2月8日(水)

2017年02月09日 | ツバキ(椿)

2017年2月8日(水)、「第20回いわて三陸・大船渡 つばきまつり」[2017.1.14(土)~3.20(月)午前9時~午後5時]開催中の「世界の椿館・碁石」(大船渡市末崎町字大浜280-1)に行ってきました。

 「エントランスホール」から大温室内「交流広場」に入って直ぐの所に大きな鉢に植栽された紅乙女(こうおとめ)という名のツバキ(椿)が、濃紅色、千重、中輪の花を木全体にびっしりと付けていました。

ツバキ(椿)紅乙女(こうおとめ)ツバキ科 ツバキ属 Camellia japonica Kō-otome

[産地]江戸、[花]濃紅色、千重、中輪。[花期]12~4月。[葉]楕円~卵形、中形。[樹]立性、強い。街路樹や公園に多い。[来歴]1859年の「椿伊呂波名寄色附」に載る。英名チャフル。[誠文堂新光社発行、日本ツバキ協会・編「最新日本ツバキ図鑑」より]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「世界の椿館・碁石」のヤブ... | トップ | 「世界の椿館・碁石」のアメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。