peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、小さなデジカメを持ち歩いて撮っています。

一関市東山町「柴宿団地」の ヤナギバヒマワリ ’ゴールデンピラミッド’ 2016年10月14日(金)

2016年10月15日 | 植物図鑑

 

2016年10月14日(金)、一関市東山町長坂字久保&柴宿にある「柴宿団地」と呼ばれている住宅団地内を散策しました。民家の庭に植栽されているヤナギバヒマワリ’ゴールデンピラミッド’黄色い花を沢山咲かせていました。

ヤナギバヒマワリ’ゴールデンピラミッド’ キク科 ヘリアンサス属 Helianthus salicifolius 'Golden Pyramid'

北アメリカ原産の耐寒性宿根草草丈:100㎝。花径:5~6㎝。花色:黄色。開花期:10~11月。特徴:基本種は草丈2mだが、これはその矮性品種。葉が細く、金色(濃黄色)の花が多数つく。

 育て方:日なたと水はけのよい用土を好む。暑さにも寒さにも強く、強健で育てやすい。草丈15~20㎝で摘心するとよく分枝して花数が増える。倒伏防止に支柱を立てる。[講談社発行「花を調べる花を使う・四季の花色大図鑑」より]

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市東山町長坂の ピーマン... | トップ | 一関市厳美町「骨寺村荘園遺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL