peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

胆沢郡金ケ崎町のヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) 2016年10月30日(日)

2016年10月31日 | 植物図鑑

2016年10月30日(日)胆沢郡金ケ崎町金ケ崎城跡に行きました。2~3個所に自生していたヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)が、真っ赤に熟した実を沢山付けていました。

 ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)ナス科 ナス属 Solanum lyratum

山野に生えるつる性の多年草。全体に腺毛が多く、葉柄でほかの木などに絡みつく。葉は互生し、長さ3~10㎝の卵形。下部の葉には深い切れ込みがある。8~9月、葉と対生して柄をのばし、直径約1㎝の白い花をまばらにつける。果実直径約8㎜で、熟すと真っ赤になる。和名赤い実をヒヨドリが好むことからついたという。分布:日本全土。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑2・夏の花」より]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市大東町渋民婦人会文化... | トップ | 第8回金ケ崎町民劇場「風の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。