peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

北上市和賀町藤根「ざぜん草の里」のザゼンソウ(座禅草) 2017年4月5日(水)

2017年04月05日 | 植物図鑑

]

2017年4月5日(水)、朝から天気が良かったので、マイカーで北上市和賀町藤根にある「ざぜん草の里」に行ってきました。今年は例年になく積雪が少なかったようで、現地には全く雪がありませんでした。

(上と下)が出ているものも沢山見られました。

ザゼンソウ(座禅草)サトイモ科 ザゼンソウ属 Symplocarpus renifolius

花の頃の姿が、色も形も達磨大師が座禅を組む姿にそっくりなのでこの名がついた。湿地に生える多年草花期3~5月で、ミズバショウ(水芭蕉)より少し早い。花穂(かすい)は暗紫褐色の仏炎苞にすっぽりと包まれている。仏炎苞は長さ10~20㎝で、花には悪臭がある。は花の後伸び、直径20~40㎝のほぼ円形。分布:北海道、本州。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑1・春の花」より]

http://4travel.jp/travelogue/11113673 [北上旅行記(ブログ):またまたザゼンソウの里へ行きました。(2016.3.17)]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市「花と泉の公園」の球... | トップ | 胆沢郡若柳・馬留湿地のミズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。