peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、小さなデジカメを持ち歩いて撮っています。

一関市狐禅寺のセイタカアワダチソウ(背高泡立草) 2016年10月2日(日)

2016年10月12日 | 植物図鑑

2016年10月2日(日)、一関市狐禅寺にある岩手県立磐井/南光病院にマイカーで行きました。南光病院側にある加茂神社の近くに群生しているセイタカアワダチソウ(背高泡立草)が花を沢山咲かせ始めていました。蜂などが沢山蜜を吸っていて、「秋の蜜源植物としては貴重」ということが頷(うな)づけました。

 セイタカアワダチソウ(背高泡立草) キク科 アキノキリンソウ属 Solidago altissima

北アメリカ原産の多年草。戦後、各地で目立つようになり、一時は日本全土を覆うのではないかと心配されたが、現在は少し鎮静化したようだ。猛烈な繁殖力のせいで、嫌われているが、秋の蜜源植物としては貴重。高さは1~2.5mになる。葉は密に互生し、長さ6~13㎝の披針形でやや厚く、ザラザラした毛がある。花期10~11月。茎の上部の枝先に直径6㎜ほどの黄色の頭花がびっしりとつく。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑3・秋の花」より]

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市狐禅寺のエンゼルスト... | トップ | 一関市藤沢町「館ケ森アーク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL