peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

一関市「花と泉の公園・ぼたん園」のモクレン/紫木蓮 2017年5月9日(火)

2017年05月15日 | 植物図鑑

2017 年5月9日(火)、「ぼたん・しゃくやく祭り」[4/29(土)~6/7(日)]が開かれている一関市花泉町の「花と泉の公園・ぼたん園」(一関市花泉町老松字下宮沢159-1)に行ってきました。

未だ花数が少ないため「入場無料」になっていましたが、私は1年間有効のパスポート(2,000円)を購入していたので関係ありませんでした。

ぼたん園の「ぼたんハウス」という名のレストラン・休憩所を過ぎて、「しゃくやく園」(開花株は全く無し)の表示板を見ながら左側に曲がったら「モクレン(シモクレン)」の名札を付けた樹木が、花を沢山咲かせていました。ただ、この花から推測すると「トウモクレン」モクレンの園芸品種「マグノリア・スーランジアナM.×soulangianaではないかと思われます。 

モクレン(木蓮)モクレン科 モクレン(マグノリア)属 Magnolia liliiflora

白い花が咲く「ハクモクレン(白木蓮)」に対して、「シモクレン(紫木蓮)」とも呼ばれる。中国原産の落葉小高木で高さは3~5mになる。は互生し、長さ8~15㎝の広倒卵形で、先は短く尖る。花期4~5月で、ハクモクレンより少し遅い。葉が開く前に枝先に長さ10㎝ほどの赤紫色の花をつける。花弁は6個で、あまり開かず、内側は色が淡い。

トウモクレン(唐木蓮)はモクレンの変種で、花はモクレンより少し小さい。花弁は先がやや尖り、内側はモクレンより白っぽい。

マグノリア・スーランジアナM.×soulangianaはモクレンとハクモクレンの交雑によってできた園芸品種群で、花の色や形は変化に富んでいる。日本でサラサモクレンニシキモクレンと呼ばれるものもこのグループに入る。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑1・春の花」より]  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市「花と泉の公園・ぼた... | トップ | 一関市「花と泉の公園・ぼた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。