peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

北上市・極楽寺のエンレイソウ(延齢草) 2017年4月28日(金)

2017年04月29日 | 植物図鑑

2017年4月28日(金)、「北上展勝地さくらまつり」を観た後、稲瀬町内門岡にある国見山・極楽寺に向かいました。「叡山すみれ」が咲いている頃だと思って行ったのですが、残念ながら1週間ほど早かったようで、良い個体が見つけられませんでした。

極楽寺入口付近にある「極楽寺石塔婆八基(鎌倉時代)」と書かれている標柱の近くに、花を沢山咲かせているエンレイソウ(延齢草)群生していました。

エンレイソウ(延齢草)ユリ科 エンレイソウ属 Trillium smallii

山地のやや湿った所に生える多年草。高さ20~40㎝になる。3個が輪生し、長さも幅も6~17㎝の菱形状卵形で、網状の脈があり、先は急に尖る。花期4~5月。茎の先に直径3~4㎝の花が1個つく。花弁3個あり、緑色から紫褐色まで変化が多い。果実甘味があり、食べられる。分布:北海道~九州。

 シロバナエンレイソウ(白花延齢草)T.tschonoskiiは、ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)ともいうが、深山よりも、エンレイソウと同じような所に生える。白い3個の花弁の外側に、緑色の萼片が3個あるのが特徴。花弁の先は尖る。北海道から九州まで分布する。

 オオバナエンレイソウ(大花延齢草)T.kamtschaticumは、北海道と本州北部に分布し、群生することが多い。全体にシロバナエンレイソウに似ているが、ひとまわり大きく、特に花が直径6~8㎝と大形。花弁の先があまり尖らず、雌しべに赤い斑点があるのが特徴。[山と渓谷社発行「山渓ポケット図鑑1・春の花」より] 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北上市・極楽寺のハナモモ(... | トップ | 北上市・極楽寺のアオキ(青... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物図鑑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。