peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

北上市立中央図書館駐車場のナナカマド(七竈) 2016年10月7日(金)

2016年10月08日 | 植物図鑑

2016年10月7日(金)、北上市「詩歌の森公園」に立ち寄りました。北上市立中央図書館等の駐車場に車を駐めて、「詩歌の森公園」を散策しました。この駐車場の出入口付近に植栽されているナナカマド(七竈)の木が朱橙色に熟した果実を沢山つけていました。

]

 ナナカマド(七竈)バラ科 ナナカマド属 Sorbus commixta Hedl.

特徴:山地や高山に生育する落葉小高木。幹は直立、または根元から多数出て、よく枝分かれし高さ2~8mになる。樹皮は暗い灰褐色で、若い木ではやや滑らかで、横長の皮目が散在する。老木になると鱗片状に剥げる。は互生し、9~15枚の小葉からなる奇数羽状複葉で、長さ15~20㎝。小葉は披針形または卵状狭長楕円形で、縁には基部まで鋸歯がある。白色で小型。5~6月、集散花序に多数つく。花弁は5枚。果実球形で秋に赤色に熟す。

用途:樹形が良く、紅葉が見事で、果実も赤く美しいので北日本の各地で街路樹庭木として植えられている。材は堅くて腐朽しにくいので細工物に使われる。

分布:北海道、本州、四国、九州。岩手県では山地、高山に普通に見られる。特に八幡平、早池峰山、焼石岳などの高山ではハイマツ低木林や亜高山低木林の構成種で、ミネカエデ、ハイマツ、ハクサンシャクナゲなどと混生する。[岩手日報社発行「岩手の樹木」より]

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北上市「詩歌の森公園」のエ... | トップ | 北上市「詩歌の森公園」のヤ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。