peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

岩手蘭友会の洋ラン・エピデンドルム ’ポリブルボン’ 2017年3月10日(金)

2017年03月15日 | 洋ラン

(下4つ)ディスプレイの中にあったエピデンドルム(ディネマ)’ポリブルボン’

ラン科 エピデンドルム属 Epidendrum(Epi.):カトレヤ属Cattleyaに近縁で、中、南アメリカの熱帯を中心に広く分布しており、約700種が記載されている大きな属である。本属の種は、樹上や岩上に着生しており、形態はさまざまであるが、細い棒状の茎がアシのように叢生し、葉を互生する種が多く見られ、園芸的にも交配が進んでいる。の大きさも小型のものから大型のものまであり、萼片と花弁は離れているが、唇弁が蕊柱と合着し、あたかも蕊柱から出ているように見えるのが特徴である。茎が肥厚し、先端の2枚の葉の間から花茎が伸び、唇弁が蕊柱基部にだけつく150種をエンキクリア属Encycliaとして別属に分ける考えもある。高地産のものから低地産のものまであり、栽培方法はそれぞれ異なるが、一般に出回っているものは最低温度を10℃に保てば栽培も容易である。属名はギリシア語のepi(上)とdendron(木)に由来し、樹上に着生することによる。

洋ラン・エピデンドルム ’ポリブルボン’ ラン科 エピデンドルム属 Epidendrum(Epi.)polybulbon(=Dinema polybulbon,Encyclia polybulbon)

メキシコからホンジュラス、キューバ、ジャマイカなど中央アメリカの標高600~2000mに自生する着生種。偽鱗茎卵形で長さ1.1~1.2㎝、径3~7㎜、頂部に1~3枚の葉を出す。葉楕円状針形~楕円状卵形、長さ1~1.5㎝、幅4~9㎜。花序長さ1.5~3㎝、1花をつける。子房小花柄の長さ1~1.5㎝。花弁と萼片淡黄色地に茶色を帯び、唇弁は白色。唇弁基部は蕊柱と合着し、肉質隆起が生じる。開花期は冬から春。[山と渓谷社発行「山渓カラー名鑑・蘭ラン」より]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩手蘭友会の洋ラン・デンド... | トップ | 岩手蘭友会の洋ラン・セロジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋ラン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。