peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

岩手蘭友会の洋ラン・ロビクエティア ’セリナ’  2017年3月10日(金)

2017年03月13日 | 洋ラン

2017年3月10日(金)、岩手蘭友会(及川正道会長、会員18人)主催の「第30回いわて洋ラン展」が、水沢メイプル(奥州市水沢区横町)4階の催事場できょうからはじまりました。[3/10(金)~3/12(日)]入場無料。

 会場壁際のテーブルに展示されていたラン(蘭)の中に、「ロビクエティア’コンプレッサ’」という名札を付けたものが果実のように見える花をつけていました。下記のWebサイトにあるR.cerina(セリナ)=R.merrilliiではないかと思います。[花:花茎は、葉の付け根(葉腋)から出て、小さな花を密着して、団子状につける。パイナップルの花に似ているので、パイナップル・オーキッドともいう。] 

洋ラン・ロビクエティア ’コンプレッサ’ ラン科 ロビクエティア属 Robiquetia compressa

本属は約30種が東南アジアからオーストラリアと太平洋の島々に分布する中~大型着生ラン。茎は左右2列に舌状の革質葉をつける。花茎腋生、下垂し、小花を密に円筒状につける。花は小さく萼片と花弁は内へ曲り椀形。唇弁は3裂し、基部は距となる。[日本放送出版協会発行「NHK趣味の園芸・世界のラン」より]

http://hanasakiyama.web.fc2.com/orchid/gn/Robiquetia.htm [ロビクエティア属] 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩手蘭友会の洋ラン・デンド... | トップ | 岩手蘭友会の洋ラン・エピデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋ラン」カテゴリの最新記事