peaの植物図鑑

草や木の花や木の実(果実)、特に山野草が好きで、デジカメを持ち歩いて撮っています。2017年3月、78歳になりました。

一関市「館ケ森アーク牧場」のリキュウバイ(利久梅) 2017年5月11日(木)

2017年05月14日 | 植物図鑑

2017年5月11日(木)、この日の午後、急に思い立って一関市藤沢町の「館ケ森アーク牧場」(一関市藤沢町黄海字衣井沢山9-15)に行きました。今年2回目です。先ずは「レストラン・ティルズ」で腹ごしらえです。昼食を摂っている間に午後2時になっていました。

「第2料金所」から入園し、ハナモモ(花桃)チューリップレンゲツツジ(蓮華躑躅)などを撮っている中に14:30時になってしまいました。

これから、1.2㎞ほど離れた「夢見ケ丘ガーデン」まで歩いて行ってチューリップを観てこようと思うのですが、様々な花が咲いているので、中々先に進みません。

リキュウ(利久梅)という名の樹木が白い花を沢山咲かせていました。 

リキュウバイ(利久梅)バラ科 ヤナギザクラ属 Exochorda rasemosa

別名:ウメザキウツギ(梅咲空木)。中国原産の落葉低木。明治末期に日本に渡来し、各地に植えられている。全体に毛はなく、高さ3~4mになる。は有柄で互生し、長さ約6㎝の狭倒卵形または楕円形で先はわずかに尖る。縁は全縁か、または上部に鋸歯があり、裏面は粉白色。4~5月、枝先の総状花序に直径約4㎜の白い花を6~10個開く。花弁は5個で円形。雄しべは15~25個あり、3~5個ずつが花弁と対生する。雌しべは1個。蒴果は広倒卵形で5稜がある。用途:庭木、花材。[山と渓谷社発行「山渓カラー名鑑・日本の樹木」より]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一関市「館ケ森アーク牧場」... | トップ | 一関市「館ケ森アーク牧場」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。