遠い記憶1959

主に1960年以降の遠い記憶

1980年はフランクマリノに影響を受けていた

2016-12-20 | 遠い記憶1959

中学の時から友人に聞いたのでジミヘンは知っていた。で、1979年の高校時代に輸入版の「Are you experienced?」を買った。すごいのは解ったが当時組んでいたブルースロックバンドでやるにはテクニック的にもパープルヘイズ1曲が関の山だった。

そもそもアドリブというのにとても興味があって、その結果がブルースだったからコピーの許容度的にもこれが限界だった。このアルバム、フリージャズのロック版みたいな「Third stone from the sun」とか入っていているし「Fire」をやりたいとも思ったが何弾いてるんだか解らない、歌詞は速過ぎる、で諦めた。

俺たちのバンドのドラマーは、なぜかジミー竹内に興味があってジャズっぽい雰囲気も多少は叩けたからもう少しジミヘン路線を追求すればよかったと今になって思うが、やはりガキだからストレートなロックも(ストレートではない16ビート乗りのロックだが・・)やりたかった。そこで登場したのがフランク・マリノだった。いまではたまにしか聞かないけど当時の自分の演奏はかなり彼に影響されていたと思う。

後日談だが、この当時ジミー竹内好きのうちのバンドのドラマーはギターも弾いたが一緒によく練習しブルースジャムをしたのでとても俺の影響を受けていた。数年後に彼が家でつま弾いているギターを聞いたらかなり俺っぽいフランクマリノだったので驚いたのを覚えている。その頃は既に自分は違うスタイルになっていたから・・・。

Frank Marino & Mahogany Rush - "I'm a King Bee" 1978


これを聞いて思い出したがドミナントで9thを弾いていたなぁ。その後はセカンダリードミナントでも#9thを弾いていたりした。上の「I'm a king bee」の進行がその頃に買った教則本のジャズブルースのコードプログレッションなのが解って一生懸命覚えたのを思い出した。もしかしたら教則本を探したのはこの曲の影響だったのかもしれない。もちろんソロに関してはマリノ氏の足元にも及ばなかった。そして今でも遠く及ばないのはかなり残念だ(笑)

『コラム』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1975年に日野市の百草台(百... | トップ | 1970代後半のギター人生 »
最近の画像もっと見る

遠い記憶1959」カテゴリの最新記事