Mac OS Xのシステムを起動可能な状態でバックアップするには

いろいろ試したせいか、Windows Vistaの調子が最近おかしくなってきました。Boot Campのパーティションの統合機能もうまく動作しなかったため、Mac OS Xのバックアップを取って再インストールすることにしました。そこで、今回はMac OS Xのシステムを起動可能な状態のまま丸ごとバックアップして書き戻す方法を紹介します。

用意するのは、外付HDDと、Mac OS X インストールDVDです。

【注意】
パーティションを作成すると、ハードディスクの中身は消去されます。くれぐれも、外付HDDに大事なデータが残っていないこと、パーティション設定しようとしているハードディスクが間違っていないことを、よく確認してください。また、途中でスリープしないよう、AC電源をつなぐことを忘れないようにしましょう。これらの手順でインストールされたOSは私の環境での動作実績はありますが、必ずしも皆様の環境で同様に行えることを保証するものではありません。この情報を元に実施した作業のいかなる責任の一切を負わないことを、あらかじめご承知おきください。

■バックアップする
すべての作業はインストールDVDから起動して行います。ディスクユーティリティで外付HDDにパーティションを作成してから、ターミナルからasrコマンドを使ってバックアップを実行します。

 Mac OS X インストールDVDを挿入し、Cキーを押しながら起動する
 インストーラが起動したら「主に日本語を使用する」を選択して、「→」ボタンをクリック
 メニューから「ユーティリティ」-「ディスクユーティリティ」をクリック
 外付HDDを選択し、「パーティション」をクリック、バックアップ元となるパーティションよりも大きい容量のパーティションを設定する
 「オプション」ボタンをクリックし、「GUIDパーティションテーブル」を選択して「OK」ボタンをクリック(Intel Macの場合のみ)
 「パーティションを作成」ボタンをクリック
 パーティションの作成が完了したら、ディスクユーティリティを終了する
 続けて、メニューから「ユーティリティ」-「ターミナル」を起動し、以下のコマンドを入力

diskutil list

 リストのNameに表示されたボリュームラベルを参考に、バックアップ元(内蔵HDD)のパーティションのデバイス名と、バックアップ先(外付HDD)のパーティションのデバイス名を確認
  ※このブログで紹介した手順でWindows Vistaとのデュアルブート環境になっている場合は、内蔵HDDのMac OS Xのパーティションのデバイス名はdisk0s2になるはずです。また、GUIDパーティションテーブルで1パーティションで作成した外付HDDのデバイス名は、他に外付HDDやドライブがなければdisk2s2になるはずです
10 続けて、以下のコマンドを入力してバックアップを開始する

asr -source /dev/バックアップ元デバイス名 -target /dev/バックアップ先デバイス名 -erase

11 途中、バックアップ先を消去しても良いかどうかのメッセージが表示されたら「y」を入力し、バックアップを実行する
12 バックアップが完了したら、ターミナルを終了する

こうしてバックアップしたハードディスクは、起動ディスクで指定できます。正しくバックアップされたかどうか確認する場合は、このままOptionキーを押しながら再起動して、ブートデバイスの選択画面から選択して起動してみるとよいでしょう。

■リストアする
リストアもバックアップと同じく、インストールDVDから起動して行います。今度は、ディスクユーティリティで内蔵HDDのパーティションを作成してから、ターミナルからasrコマンドを使ってリストアを実行します。

13 手順1~3と同様に、ディスクユーティリティを起動する
14 内蔵HDDを選択し、「パーティション」をクリック、バックアップした総容量よりも大きい容量のパーティションを設定する
15 「オプション」ボタンをクリックし、「GUIDパーティションテーブル」を選択して「OK」ボタンをクリック(Intel Macの場合のみ)
16 「パーティションを作成」ボタンをクリック
17 パーティションの作成が完了したら、ディスクユーティリティを終了する
18 続けて、メニューから「ユーティリティ」-「ターミナル」を起動し、以下のコマンドを入力

diskutil list

19 リストのNameに表示されたボリュームラベルを参考に、バックアップ(外付HDD)のパーティションのデバイス名と、リストア先(内蔵HDD)のパーティションのデバイス名を確認
20 続けて、以下のコマンドを入力してリストアを開始する

asr restore -source /dev/バックアップデバイス名 -target /dev/リストア先デバイス名 -erase

21 途中、リストア先を消去しても良いかどうかのメッセージが表示されたら「y」を入力し、リストアを実行する
22 リストアが完了したら、ターミナルを終了する

バックアップ前とリストア後のHDD容量が異なっていても、きちんと復元されるかと思います。ディスクユーティリティとディスクイメージを使ったバックアップの方法もありますが、この方法の良いところは、万が一リストアに失敗しても、外付HDDから起動できるので、ダウンタイムが少なくてすむ点です。

それでは、また。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )
« このブログの... Windows Vista... »
 
コメント
 
 
 
復元でもできるかと... (モドキ)
2008-03-26 00:44:18
Boot Camp のパーティション変更でこちらにきました。
asr コマンドでもできますが、ディスクユーティリティーの復元で同じ事ができるので、そっちの方がシンプルかと思います。
あと CarbonCopyCloner でもできますね。
http://www.bombich.com/software/ccc.html


 
 
 
コメントありがとうございます。>モドキ様 (管理人)
2008-03-26 07:02:02
コメントありがとうございます。>モドキ様

本記事の内容が古いため、余計なお手間をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げるとともに、新たな情報をご提供いただけましたことを、御礼申し上げます。

ディスクユーティリティにつきましては、以前本記事を公開する際にうまく起動できる状態でバックアップできず、採用を見送った記憶がございますが、改めて検証させていただきます。

Carbon Copy Clonerにつきましては、ちょうど別記事にてご質問いただいた件に関連して、Carbon Copy Clonerを使った改訂版記事を用意しているところでございます(直近でアップデートがあり、対応のため公開が遅れておりますが……)。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
こちらこそ>管理人様 (モドキ)
2008-03-27 22:08:14
管理人様
フォローありがとうございました。
でも私の経験的にも、時々、復元でうまく起動できない場合もあったりします...orz...
Winclone のエントリーも参考にさせてもらっておりますし、今後とも参考にさせていただきます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
[Mac] デイスクのフルバックアップを作りました。 (yuum3のお仕事日記)
先日の 間違って port のDBを消してしまった経験(id:yuum3:20070704:1183529126) と、いまこのMacが故障してしまうと仕事へダメージが大きい事から、 Mac のデイスクのフルバックアップを取る事にしました。 いろいろと調べてみると Mac の場合 FireWire(IEEE1394)接続の...