本棚の裏の小部屋

大人の広汎性発達障害の
確定診断を受ける前も受けた後も
相変わらず冴えない日々を送っています

夫のちん・・・え?

2017-04-22 | 日記
ちょっと前に新聞を読んでいたら
お勧めの書籍コーナーで見付けた題名が

『夫のちんぽが入らない』 というものだった。

初見のインパクトがでか過ぎな上
内容を想像したらおかしくて笑いが止まらず声を殺して爆笑していたら
息子が 「何で笑ってるの」 と新聞を覗き込んで来て、誤魔化すのに苦労した。
さすがに、「ちんぽ」 くらいの平仮名は読めるからな。 「夫」 も習ったか。 ヤバイ。

夫婦のセックスレスがテーマらしく、興味が湧いたけれど
書店で買うのは勿論の事、Amazonですら注文するのをためらってしまった。

何故なら私は読んだ本を片っ端からヤフオクで売りさばいているので
当然この本もその運命を辿る筈なのだが、商品名にこのタイトルを入力する場面を
想像するだけでもう・・・笑いがこみ上げて来るわ、羞恥心に襲われるわでもう・・・。

しかもそれを誰かが落札したりして、取引の最中一々あちこちに「ちんぽ」 の文字が見えるかと思うと。

更に落札者がオークション履歴に残る事を心配して、「こちらへの評価は不要です」 などと言って来たらもう・・・。

爆笑をこらえる自信がありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅原小春さんのダンスを見ると | トップ | 日本の三大祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。