本棚の裏の小部屋

大人の広汎性発達障害の
確定診断を受ける前も受けた後も
相変わらず冴えない日々を送っています

両方ともM?

2017-06-14 | 日記
You Tubeで、気付いたら
手相の見方大事典「テソペディア」
という動画を長時間見てしまっていた。

私の生命線って凄い短いので
短命なのかとずっと思っていたけれど、
この手相家さんの見解ではどうやら無関係らしい。

占いというより統計学、
事実に基づいて理路整然と説明してくれるので分かり易い。

あと、変だと思っていて
自分で気に食わなかった手相がラッキーMとか。しかも両手。
前に一度本で読んで知ってはいたけど、あまり信じていなかった。
運命線と交わる神秘十字線もよく見たら両手。 確か、夫にもあった。

全然ラッキーな人生じゃないけど、ラッキーは人によって意味が違うというのも納得。

自分の場合、こういう状態で死んでないのが既にラッキーなのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発達障害を持つ女性は | トップ | 新しい事をしよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事