バストアップ革命

バストアップの方法などを紹介していきます。

近年では、胸が大きくならないのは、遺伝の関係というより

2017年08月14日 | 日記
近年では、胸が大きくならないのは、遺伝の関係というよりも生活習慣が類似していることが原因というのが主流となってきています。


不適切な食生活や運動不足、充分な睡眠を確保できていないことなどが、本来ならもっと大きく育つはずの胸の成長を邪魔しているかもしれません。


実際に、親子の間でもバストのサイズが違うことは、一般的なことですから、まだまだこれから成長していけます。


胸の成長を促してきて、カップが小さいと感じてきたら、直ちにブラを新しくすることが大切です。


また、ブラの耐用年数は着用回数が90回から100回程度と予想よりも短いものなので、変化がなかったとしても一定期間で買い換えるようにしましょう。


サイズが合わなかったり型崩れしたブラは胸の成長を妨げます。


バストのサイズを上げたいなら、筋肉を鍛えるというのも効果があります。


筋トレで鍛えた筋肉がバストを支えてくれるので、バストアップにも繋がりやすくなります。


とはいえ筋肉だけつけてもすぐに胸が大きくなるわけではないので、ひとつの方法だけではなく色々と試してみることが続けなければなりません。


疲れを翌日に残さない睡眠や、血行を良くすることも必要です。


多くのバストアップの方法がございますが、ちょっとずつ地道に続ける方法が最もお金をかけることなく、悪影響が体に出てしまうこともないでしょう。


しかし、今すぐにでも豊かな胸になりたいならば、いわゆるプチ整形を行うという選択もあるでしょう。


お金をかけることになりますが、豊胸になれること間違いなしでしょう。


その他にも、豊胸になるサプリメントを使うことをおすすめします。


バストアップクリームというものには女性ホルモンがよく分泌されるようにする成分が含まれていて、胸を豊かにする効果があるでしょう。


バストアップクリームを塗る際には、皮膚から内部へ浸透するようにソフトにマッサージをする方が効き目が体感できます。


しかし、使用後、たちまち胸が大きく育つというわけにはいきません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胸が大きくなるサプリを飲め... | トップ | 大豆製品を積極的に摂ると、胸 »