バストアップ革命

バストアップの方法などを紹介していきます。

もうちょっと胸が大きくならない

2017年08月05日 | 日記
もうちょっと胸が大きくならないかなと思いつつ、大人になったらこれ以上胸は成長しないと諦めている女性も多いかもしれません。


でも、胸の大きさは遺伝よりもいつもの生活の影響が強いだろうというのが専門家の意見です。


もしプチ整形をしようとしているならその前に、普段の生活を見直してみるべきかもしれません。


あなたがなにげなく行っている生活習慣のせいで、胸が大きくならないのかもしれないのです。


ブラのサイズが合わないと、胸にお肉を集めても落ち着いてくれません。


そのうえバストが垂れたり小さくなったりと、形が崩れてしまうでしょう。


ネット通販だと安価でかわいいブラが手に入れることができますが、バストアップするためにはきちんとサイズを測って試着して購入するようにして下さい。


実際にブラジャーを交換すれば胸のサイズが上がることもあるでしょう。


バストはかなり動きやすく、ブラジャーをあまりしていないと、お腹側や背中側に移動していってしまいます。


その代り、背中やお腹からお肉を集めてきてバストに寄せるとバストにチェンジすることもあるのです。


そのためには、ジャストサイズのブラを装着することが必要になります。


近年では、胸が大きくならないのは、遺伝に左右されるよりも家族間の生活習慣の近さによる原因というのがメジャーとなってきた考え方です。


食生活の乱れや運動不足、充分な睡眠を確保できていないことなどが、本来ならもっと大きく育つはずの胸の成長を邪魔しているかもしれません。


親子や姉妹の間でもバストのサイズが違うことは、一般的なことですから、まだまだこれから成長していけます。


自分に合ったブラジャーを着ければバストが上がるのかと言うと、バストが上がる可能性があるのです。


バストというものは脂肪ということから正しい方法でブラをつけていないとお腹や背中といった場所に移動してしまうでしょう。


もっと言えば、正しいやり方を守るとブラをつける効果でお腹や背中などの脂肪をバストにすることが可能なのです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分に合ったブラジャーを着け | トップ | 胸を大きくする運動を続けること »