バストアップ革命

バストアップの方法などを紹介していきます。

最近では、胸を大きくできないのは、DNAとい

2017年05月26日 | 日記
最近では、胸を大きくできないのは、DNAというよりも日々の生活が似ているのが原因というのが主流となってきています。


栄養の偏り、運動の不足、睡眠の減少などが、胸が成長することを妨げているのかもしれません。


実際に、親子の間でもバストのサイズが違うことは、よくあることですから、成長する可能性があります。


正しい方法でブラを着用すればバストが上がるのかといえば、バストアップの可能性があります。


バストというものは脂肪ですから、正しい方法でブラをつけていないと別の場所に移動してしまうのです。


もっと言えば、正しいやり方を守るとブラを着けることで周りの部分の脂肪をバストにできるのです。


バストの小ささにお悩みなら、筋肉を鍛えるというのも効果があります。


筋トレで鍛えた筋肉がバストを支えてくれるので、胸を大きく見せられるようになる可能性が高まります。


そうはいっても筋肉をつけるだけでは即バストアップとはいきません。


そこで、もっと色々な方向からの試みも継続して行いましょう。


例えばぐっすり眠ったり、リンパの流れをスムーズにすることも効果があります。


大きな胸に憧れつつ、大人になったらこれ以上胸は成長しないと諦めている女性も多くいることでしょう。


意外かもしれませんが胸の大きさは親からの遺伝よりむしろ生活習慣が及ぼす影響が強いと考えられています。


ですから、整形に頼る前に、生活習慣を見直してみることをおすすめします。


あなたがなにげなく行っている生活習慣のせいで、胸がAカップなのかもしれないです。


ブラジャーをかえれば、胸を大きくすることもできるかもしれません。


胸はとても流動的で、ブラジャーをあまりしていないと、お腹や背中の一部のようになってしまいます。


逆にいうと、背中側やお腹側からお肉を集めてきてバストに持ってくると胸にチェンジすることもあるのです。


そのためには、ジャストサイズのブラを装着することが大切になります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胸を大きくしたいなら毎日の... | トップ | サプリを使用してバストアッ... »