小幡憲仁 議会活動日記

よく考える政治!
20年後の高浜をイメージし、今の政治を考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一般質問の事前通告

2015年05月25日 | 一般質問
高浜町議会6月定例会の一般質問を事前通告しました。
6月定例会の一般質問は、6月4日(木)、5日(金)の2日間の予定です。
私は3番目に登壇予定ですので、6月4日(木)の午前中(11時頃)になりそうです。

以下、通告内容を掲載します。

平成27年第4回 定例会(6月議会)一般質問通告書

●通告者 議席番号:11番 小幡憲仁
●質問所要時間 40分

《質問の件名及び要旨》
1.嶺南広域連合設立に向けた今後の方向について
平成28年度の嶺南広域連合設立に向けた嶺南6市町による協議が始まっており、議会に対しても協議内容の説明があった。今後、人口減少社会を迎えるうえで、住民サービス提供の担い手を広域化し効率化することは必要なことであり期待したい。
しかし、現在の協議では嶺南広域連合設立の目的が「嶺南地域の地域間競争力の強化」とされており違和感がある。この目的に基づく検討項目の中には、一般廃棄物処理など妥当なものもあるが、一方で広域観光の推進や鉄道の整備促進と利用促進など、広域連合の事務として取り組む内容なのか疑問に感じるものがある。
広域連合では、国民健康保険や介護保険の共同実施、法律に基づく様々な事業計画の策定、斎苑・不燃物処分・ごみリサイクルの広域処理などスケールメリットで効率化が期待できる実質的な内容について取り組むべきではないか。今後の人口減少社会を見据え、人口減少に歯止めをかけることも大切であるが、人口規模に見合った社会資本や福祉の担い手の再構築を考えていくことも必要である。嶺南広域連合設立に向けた今後の方向について高浜町としての見解を問う。

2.介護予防・生活支援事業実施に向けた今後の取組について
要支援者を対象とした訪問介護や通所介護など「介護予防・日常生活支援総合事業」が昨年6月の法改正により、今年4月から順次、市町村の事業へ移行することとなった。これには経過措置があり、高浜町も経過措置により平成29年4月から実施予定となっている。
今回の制度改正では、単に介護予防を市町村事業に移行するというだけではなく、介護予防の考え方の転換が図られている。
これまで介護予防は、心身の機能改善・機能維持のための訓練という発想であったものが、これからは高齢者が地域で役割を持ち生活できる地域の実現を目ざすこととして、高齢者自身に社会的な役割を担ってもらうこととしている。つまり、高齢者も生活支援サービスの担い手として地域の中で新たな社会的役割を担うことで、結果として本人の介護予防にもつながるという相乗効果を期待するものとされている。
こうした考え方は、和田診療所の井階先生がハーバード大学で学んでこられた「ソーシャルキャピタル(社会関係資本)」を増やすことによって、社会全体の健康を向上させるという考え方にも通じるものがあるのではないか。
高浜町は、比較的格差が少なく社会の絆もしっかりと形成された地域であり、こうした特色を活かして介護予防の分野でしっかりとした取り組みが出来れば大きな成果があげられる可能性がある。
これらのことを踏まえ、高浜町として平成29年4月実施に向けて今後準備を進めていくにあたっての意気込みを問う。

3.介護保険運営協議会の設置について
平成27年度から介護保険料が大幅値上げされた。町民からは急激な値上げに驚いたという声を多く聞く。これまで高浜町では、介護保険については国民健康保険運営協議会と同様の被保険者もメンバーに入った介護保険運営協議会が設置されていない。今後、こうした厳しい保険料負担をお願いするのであれば、介護保険も利害関係者が集まる運営協議会を設置して、オープンな議論による審議を経て結論を出すべきと考えるが見解を問う。

                                以 上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町議会REPORTNO.48の掲載

2015年05月22日 | 町議会REPORT
町議会レポート第48号を作成しました。
本日(5月22日)より配布を始めます。
サムネイルをクリックしてご覧ください。

町議会レポート第48号おもて


町議会レポート第48号うら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町議会REPORTNO.47の掲載

2015年05月22日 | 町議会REPORT
町議会レポート第47号を作成しました。
本日(5月22日)より配布を始めます。
サムネイルをクリックしてご覧ください。

町議会レポート第47号おもて


町議会レポート第47号うら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よく考える政治

2015年03月24日 | 政策調査

毎年1月に「小幡のりひと」後援会員向けに「小幡のりひと町議会REPORT新年号」を発行していますが、今年の新年号には次のフレーズを書きました。

『高浜町は、これからの20年、少子高齢化と人口減少、原子力発電所の廃炉などの課題に直面し、ある程度社会が縮小していくことは避けられません。人口減少に歯止をかけなければなりませんが、一方で、人口が減少しても、幸福に暮らせる持続可能な社会をつくることは実現可能です。そのために今から準備が必要です。高浜町の未来のために頑張ります。』

人口減少対策、地方創生などが注目され、どこの自治体も血眼になってこの問題に取り組み始めました。高浜町もこの流れに遅れをとる訳にはいきませんが、厳しい現実を直視することも大切です。
一番不幸なことは人口が減ることではなく、将来の人口(と人口構成)の推移に目を背け、人口減少対策と称して過剰な社会資本整備を推し進めたり、福祉サービスの提供合戦を繰り広げて自治体の財政を疲弊させ立ち行かなくなってしまうことだと考えています。


『よく考える政治! 20年後の高浜を イメージし、今の政治を考える。』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月議会の一般質問通告

2015年02月23日 | 一般質問

昨日と今日(2月23日、24日)は、3月定例会の提出議案の説明会です。この2日間で議案の説明を受けるのですが、明日の午後5時に一般質問の通告が締め切られます。
明日も終日、会議室に缶詰めになる可能性大なので今夜中に一般質問の通告書をつくらなければなりません。議案の説明を受けてから考える日程だったらいいのですが、仕方ありません。
先ほど、以下の項目の通告書をメールで議会事務局に送信しました。明日、役場でその旨報告し受理されます。
任期最後の質問です。頑張ります。(この任期4年間も選挙時の約束通り全部の議会で一般質問に立つことになります)

平成27年第2回 定例会(3月議会)一般質問通告書

●通告者 議席番号:8番 小幡憲仁
●質問所要時間 40分

《質問の件名及び要旨》
1.新年度予算を踏まえ、今後の財政見通しと予算の執行体制を問う
平成27年度予算(一般会計)は当初予算の段階で112億円余りの大型予算となった。また、平成26年度予算も3月補正を含めると114億円余りの大型予算である。新庁舎・公民館建設事業、雨水対策事業などの大型事業と、福井和郷に対する補助金などで予算規模が膨らんだ結果ではあるが、今後の財政見通しをどう見ているかを問う。
また、平成27年度への繰り越しを前提に、国の緊急経済対策に基づく事業や、諸事情で繰り越しとなった事業もあることに加えて今回の大型予算である。予算の適正な執行がしっかりと担保できるのか、役場の執行体制を問う。

2.認知症高齢者の増加に対する今後の対応について
厚生労働省は、10年後の2025年に認知症の高齢者が700万人に達するとの推計値を示し、この問題に対する国家戦略を明らかにし国を挙げて取り組む方針を示した。人口規模で国の約1万分の1の高浜町では、単純計算で認知症高齢者が約700名程度に達することになる。高浜町としても国の戦略を踏まえ、2025年に向けた認知症高齢者の問題への対応に政略的に取り組む必要があるが、見解を問う。

3.小・中学校の統廃合問題について
福井県教育委員会は、文部科学省が60年振りに見直した公立小・中学校の統廃合の手引きに基づき、統廃合の検討対象となる学校数を明らかにした。この中には高浜町内の小・中学校も含まれると思うがどうか。また、県内市町では学校の統廃合に向けて検討委員会を設けるなど統廃合の計画を策定する動きがあるが、高浜町としての今後の方針を問う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2つの意見交換会

2015年02月16日 | 活動日記
今日は2つの意見交換会に参加しました。

午前中、福井市役所まで足を運び、福井県内の仲間の地方議員が集まる意見交換会に参加しました。
県議、福井市議(2名)、坂井市議、南越前町議と私(高浜町議)の5名です。
3月定例会の提出議案の情報交換や、公民館活動の改革、認定子ども園の導入など多岐にわたるテーマで意見交換できました。

夜は、小浜市内で県職員、市職員、教諭、企業の従業員というそれぞれの立場から参加された若手の方々との意見交換会に参加しました。

この企画は、若者の政治参加が少ないことから、それを解消する目的で普段あまり接する機会のない地方議員と膝を交えて意見交換することを目的に開催されたものです。
若者の政治参加の減少は大きな問題で、実際、例えば選挙の投票率で見ると、60代の投票率と20代の投票率では2倍の格差があると言われています。
これを投票人口で考えると、60代は人口が約1,500万人、20代の人口が1,200万人ですから、人口の絶対数でも若者は少ないのですが、これに投票率を60代が60%、20代がその半分の30%とすると、投票人口は、60代が900万人、20代が360万人となります。つまり若者の政治的な発言は60代の40%しかないということになってしまいます。
政治の重点政策が中高年に向かうのは必然の結果となってしまうのです。

今日の意見交換会には参加者が17名あり、これを3班に分けて、本日参加した県議、市議、町議(各1名:町議は私)がそれぞれのグループと順番に意見交換しました。
こんなことは初めての体験でしたが、どのグループでも有意義な意見交換が出来ました。今日の意見交換をひとつの契機として、少しでも若者の政治参加が促進されればと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

町政報告会

2015年01月30日 | 議会活動報告
小浜市内のホテルで開催された、連合福井嶺南地域協議会若狭地区主催の県政・市政・町政報告会に参加し、組合員の皆様に町政報告をさせていただきました。
また、報告会終了後には、引き続き新春の集いが開催され、参加者と懇談してまいりました。

実は2次会のお誘いも受けましたが、明日は孫娘(二人目)の宮参りという重要なミッションがあるので帰ってまいりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵本について感じたこと

2015年01月21日 | 私の考え
昨日(20日)、和田小学校1年生に絵本の読み聞かせをしました。
「14ひきのあさごはん」という絵本を読み聞かせしました。
始めに、この絵本を読んだことがあるかを聞いてみると数名の児童から手が上がりました。
私の孫に買ってやった絵本ですが、さすがに2014年12月時点で第121刷まで発行した絵本だけのことはあります。

この絵本の読み聞かせを終えて子どもたちに絵本の感想を聞きました。
その中でこう答える子どもがいました。
「自分で読んだときよりも、読んでもらった方がおもしろかった」

これは何も私の絵本の読み聞かせ技術を自慢している訳ではありません。実際、つたない読み聞かせです。そんなつたない私の読み聞かせでも「読んでもらった方がおもしろかった」という感想になります。

絵本は、子どもにとって「読む本ではなく、読んでもらう本」です。
大人にとって「読ませる本ではなく、読んでやる本」です。
そのことを改めて感じました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高浜町子ども・子育て会議

2014年12月12日 | 活動日記

今夜(12月12日夜)高浜町子ども・子育て会議に出席しました。
平成27年度から5年間の計画となる「高浜町子ども・子育て支援事業計画」の策定に向けた議論を行っており、今回が4回目の会議となります。

今回の会議で計画の素案が固まりました。


認定子ども園については、5年間の計画期間内を目途に認定子ども園の整備を進めるとの文言を盛り込むことができました。

また、病後児保育については、平成27年度途中から開始できることを前提に必要事業量に盛り込むことになりました。

どちらも大きな前進です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支援者のみなさんにあいさつ

2014年12月12日 | 活動日記
昨日(12月11日)支援者のみなさんの会合に出席し、あいさつと短時間でしたが議会報告を行いました。
高浜発電所3,4号機の再稼働に向けた最近の議会の動きと、来年の統一地方選挙に向けて考えている私の政策に関して少し話をさせていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加