あけみの四季歳彩「心感心写」シリーズ

☆デジタルカメラを通じて四季を表現する。

☆写友の心情作品の紹介と更なるアートを求めて!

そこに光と影があるから・・・「楽」

2017年07月16日 | あけみの四季彩歳「俳写シリーズ」

あけみの四季彩歳  第2回「 俳写で楽しもう!」  仁木写真クラブ


  第1回目の俳写で楽しもう!では季語と五、七、五を基本に下手でも自由に在りのままを

読んでみようと紹介しました。 第2回は、俳句と写真を深く追求してみると共通点が多々ある

ことに気付きました・・・ 俳句の詠人は感動する場面を五、七、五の音調」リズムで季語を入

表現しています、  正に写真の撮影者も感動する場面を撮影五原則を基に「美しさに撮ら

されず美しさを切撮ています」・・・撮影者が感動した場面を順和に「写す」=「俳句」であ

ると確信します、またその表現を「作品」にして大いに楽しむことだと思います。・・・・・・・・・・・


☆今回は、自筆ではなくPC文字を使用してみました。

 


 写友作品紹介の合間をみて第3回を計画しますのでお楽しみください 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そこに光と影があるから・・... | トップ | そこに光と影があるから・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。