ぱそらぼ (ぱぁと1)

パソコン講座を、まじめに愛するブログです

喫煙発言

2016年12月20日 | 社会派らぼ
西宮市主催の「中高生ミーティング」での市長の発言が物議をかもしています。「中高生の頃に授業を抜け出してたばこを吸っていた」。これを聞いた女性議員が、市議会の一般質問でこのことを取り上げ追及したそうです。が、市長は自身のブログで、この議員を愚弄するような発言をし、市議会が発言の撤回と謝罪を求める決議案を全会一致で可決するに至りました。

市長発言には、批判的な意見が多く寄せられていると言います。が、市長は、参加した中高生には真意が伝わっているとして、発言の撤回は拒否しています。ブログについては修正をしたそうです。

市長のブログには、事の顛末を長文で載せてあり、だから謝罪も撤回もしない…という趣旨の事が書いてありました。この報道に興味を持った方は一読されても良いかも知れません。彼の真意はよくわかります。ブログには、当日は話さなかったという後日談も掲載されており、願わくは当日参加した中高生たちにも読んで欲しいとは思います。

ミーティング中での市長発言を生で聞いていませんので、軍配の上げようがありません。報道だけ聞いていれば、市長が悪い。多分、結論から言うと、市長の発言の仕方と、報道が悪い…ような気がします。もっと「未成年者の喫煙は法律で禁じられている」「喫煙はしないように」と強調して話されれば、女性議員の反発をこれほど食う事はなかったのかもしれません。ブログに書かれた後日談とセットで聞かなければ、市長の真意は伝わらないかも知れないと思うからです。

中高生を対象に、市長が自身の高校時代の喫煙体験を話すのはご法度です。発言にはTPOがありますから。繰り返しになりますが、当日の市長の発言を聞いていませんから、わかりません。ただブログに書かれた主旨の事を伝えたかったのであれば、言い方が大切です。そして、この件を単に「喫煙発言をした」という内容に短縮してしまった女性議員と、そしてそれを報道したメディアにも責任の一端はあります。

最近は政治家も、ブログやSNSで発信をする人が増えています。次期米大統領のトランプ氏も相変わらずTwitter発言がニュースを賑わせています。彼らが個人の立場でブログやSNSを利用する事をとやかく言う権利は私たちにはありませんが、少なくともそれらを使わずに真意を伝える義務があるのでは無いかと思います。

* * * * * * * * * * *

範囲名をつけたはずなのに設定できていない

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。

↓ 尚、下の広告は、gooブログに自動で掲載されるもので、
  当ブログとは一切関係はありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タブレット | トップ | パスワード考 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会派らぼ」カテゴリの最新記事