ぱそらぼ (ぱぁと1)

パソコン講座を、まじめに愛するブログです

メダルの色

2017年01月27日 | 社会派らぼ
2008年に行われた北京オリンピックでの陸上男子400mリレーでは、日本男子陸上初の銅メダルに日本中が湧きました。陸上のトラック種目では、1928年の女子800mの銀以来ということで、歓喜の4選手の姿が印象的でした。何しろ、アメリカやイギリスを制しての銅メダルでしたから。ジャマイカが金、トリニダード・トバゴが銀、3着で最終ランナーの朝原選手がゴールに飛び込みました。

その感激も遠い記憶になっていましたが、10年近くも経った今年、金メダルを獲得したジャマイカの第1走者がドーピングの再検査で禁止薬物に陽性反応を示したとかで、金メダルが剥奪されるとの発表がありました。これを受けて、銅メダルだった日本の順位は銀メダルに繰り上げられることになりました。

順位が下がったわけでなく、上がったわけですから、正直「ラッキー!」という気分です。が、複雑な気持ちである事も確かで、これは恐らく当の選手ご本人が戸惑っておられるのではないかとも想像します。歓喜の銅メダル獲得から更に8年後、昨年のリオデジャネイロオリンピックでは、陸上男子400mリレー、更に進化の「銀メダル」を実際に獲得しています。

本当なら、2008年に「歓喜の銀」旋風が報じられたはずですし、2016年は「引き続き、銀!」といったニュアンスの報道になっていたはずです。本当なら、もっともっと感激したはずの「銀メダル」を、2008年の出場選手4名は、どのような複雑な心境で受け取るのでしょうか。

全ては、ドーピング違反を行ったジャマイカの選手のせい…なのですけれど、「スポーツの祭典」と呼び声の高いオリンピックは、これで良いのだろうか?との素朴な疑問をぬぐい切れません。当時の技術ではドーピングを見破る事ができなかったけれど、そこから技術が進化し、残してあった検体で再検査を行ったため、より精度の高い鑑定ができるようになったわけです。が、それでは、今現在の技術ではドーピング違反を検出する事ができない検体も、もっと未来の技術では違反を検出するかも知れない…という疑心暗鬼だけが残ります。

先日、歌手のASKAが覚せい剤使用容疑で、逮捕されました。2014年に続き、2度目です。前回は執行猶予4年の有罪判決を受けていますが、今回は容疑を否認。逮捕時の検査で覚せい剤の陽性反応が出たものの、本人の検体として提出したものは「お茶」だったという弁明を覆すだけの証拠がなかったため、嫌疑不十分で不起訴処分となりました。

その記事に伴って、アスリートたちがドーピングの抜き打ち検査の実態を話すような場面もありました。スポーツ結果に公正を求めるには、このような薬物使用を認めないという今の姿勢は間違ってはいません。…が、巧妙なドーピング計画を立てる者もいるようですし、スポーツ以外の場面で、選手にストレスを与えている事も事実です。

このような状況で、本当に公正な試合というのが実施できるのか、疑問は更に膨らんでしまいます。あ、日本の陸上選手たちの活躍は見事でしたし、それが「銅」だから「銀」だから…と言って、彼らの努力とその成果は微塵も汚されるものではありません。

* * * * * * * * * * *

One Driveが強制終了してしまう

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。

↓ 尚、下の広告は、gooブログに自動で掲載されるもので、
  当ブログとは一切関係はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分さえ

2017年01月26日 | 社会派らぼ
大阪市北区のタワーマンション内に、市が開設しようとしていた「北部こども相談センター(児童相談所)」がマンション住民からの反対の声に、計画が撤回されました。市は超高層マンション内の低層棟の1~4階と、高層棟の3階を区分所有しており、平成30年度から児相設置の計画をしていました。以前は高齢者のスポーツ施設が入っていたそうなのですが、事業仕分けによって閉鎖したためにスペースが空いていたというもの。断続的に開催した住民説明会で、好意的だった雰囲気がだんだん反対派住民の声が大きくなり、ついに市が説明できないほどの反対派の声が激高したため、今回の断念になったと言います。

保育所が周辺住民の反対に遭って、開設できなくなったという話もよく聞きます。触法精神障碍者の社会復帰を目指す専用病棟の新設に、署名運動が行われたという話も耳にしました。そこに「住んでいる」住人の一人として、近隣に危険なふさわしくない施設が誘致される事に反対して立ち上がる事は、充分理解ができます。ただ、公共の施設というものは、どこかには設置されなければなりませんし、今回のニュースになっている「児相」がそれほど危険な施設だとは思えません。

下世話な憶測が許されるなら「マンションの資産価値が下がる」というところで、反応をしているような気さえしてきます。虐待を受けた子ども達や非行に走った子ども達に、近隣をウロウロされたくない、子ども達を引き取りに親が押しかけて来るのではないか…。そうした問題を解決するための施設であるはずなのに、そうした問題を懸念するがための反対。どこの家庭も、絵に描いたように幸せであれば良いのですが、社会はまだまだそんなに成熟はしていません。高層マンションに住んでいる自分たちは、虐待や非行とは縁のない家庭だと信じておられるようですが、それは少し違うような気がします。

世の中全体が、どんどん「自分さえ良ければ良い」という流れになって行くような気がします。「自分を守る」事は大切ではありますが、自分を含めた世の中全体が「良くなって行く」事にも目を向けて行かなければより良い未来はあり得ません。米国ファーストのトランプ大統領は、出て来るべくして出て来たのかも知れません。

* * * * * * * * * * *

Google Driveのファイルが無くなった

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。

↓ 尚、下の広告は、gooブログに自動で掲載されるもので、
  当ブログとは一切関係はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スピードの時代

2017年01月24日 | 社会派らぼ
大相撲初場所は、稀勢の里関の初優勝で幕を閉じました。そして相撲ファン待望の「日本人横綱誕生」が事実上決まりました。国技であるにも関わらず、その「頂」に君臨するのは外国人力士ばかりだった昨今ですから、待ちに待った…というべきなのだと思います。稀勢の里関、おめでとうございます。

横綱審議委員会の内規というのを見ましたら「大関で2場所連続優勝した力士」が、推薦の原則となっていました。稀勢の里関は「初」優勝です。ただこれに「準ずる好成績」の力士を、出席委員3分の2以上の決議で推薦する事ができるようですから、稀勢の里関はこれに相当する措置のようです。が、どうやら千秋楽の白鵬戦を待たずして、横綱昇進は定まっていたようですから、本当に横審としても「待ちに待った」「待望の」国産横綱(?)なのだと分かります。それにしても、たくさんの人が指摘をしているように、少し甘い昇進のように見えてしまいます。来場所は、更なる大活躍を是非ともしていただきたい…。でないと、折角の稀勢の里関への期待が、心無い言葉に変わるという一抹の不安を感じています。

そう言えば、第45代米国大統領に就任したトランプ氏は、政治経験がありません。軍人の経験もなく、父親から継いだ不動産会社で成功を収め、不動産王とも呼ばれる実業家です。米国では、大統領になるのに、政治経験を必要としていないわけですから、その経験を持たないトランプ氏が大統領に選ばれた事も、想定内です。が、世界中がその手腕をかたずをのんで見守っているのは、未知数ゆえの不安のせいだと思われます。

話は突然飛んで、東京都知事の小池百合子氏が、6月に行われる予定の都議選に40人規模の候補者擁立を考えている…として、話題になっています。小池氏は、舛添要一氏の都知事辞任に伴って昨年7月に行われた都知事選に立候補し、圧勝して都知事に当選したばかりです。豊洲新市場への移転問題や、東京オリンピックの経費問題など、都民の目につくところで話題を提供しておられるせいもあって、華々しい活躍のように見えはしますが、こちらもそんなに短期で「政治塾」のようなものが設立できるのか、多少驚いてしまいます。

いずれにしても、世の中のスピードが速くなったのでしょうか。それとも、今の世の中は熟成させずとも困らない時代になったのでしょうか。もう少し落ち着いて、じっくりと…などと言っていると、世の中から置いてきぼりを食う時代なのかも知れませんが、「付け焼刃の素人の時代」に突入したくはありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車中にて

2017年01月23日 | 雑談
電車の中で高齢者に席を譲る人が減ってきているそうです。乗客の多くは今でも、高齢者には席を譲るべきだと考えていると思います。にも関わらず、現実には「譲るべき」だと考えているという人が、数値的に減少していっています。原因として挙げられているのが、「譲ろうとして断られた」という経験だそうです。それにより、少なからず車内が気まずい雰囲気になった経験をしたために、以降は控えるようになってしまったようです。

これまで「65歳以上」の方々を高齢者としてきたようですが、先日高齢者の新定義が発表されていました。「65~74歳」を准高齢者として、高齢者を「75~89歳」と位置付けるというものです。ちなみに「90歳以上」は超高齢者と定義するのだそうです。つまりこれまで高齢者とひとくくりにされてきた年齢の人達が、まだまだトテモお元気なのだという事らしいのです。電車の中で席を譲られても、「まだまだ元気です」という自負が、丁重にお断りをする事に繋がっているようです。

「磯野波平と藤井フミヤが同い年」という文章に笑ってしまいました…。お二人、54歳なんだそうです。サザエさんが登場した当時と今では、それだけ健康的に歳を重ねる人が増えたという事なのでしょう。

ただ「席を譲る」のが高齢者である必要もないのではないかと思います。友人と二人で電車に乗って、席が一つしか空いていなかったら「どうぞ」と互いに譲り合いませんか。同い年の友人同士でも席は譲り合うものだ思ってみたら、如何でしょうか。「高齢者には席を譲りましょう」という呼びかけそのものが違っているのだと考えればいっそスッキリするような気がします。「座席の数は限られています。お互いに席を譲り合いましょう。」

エルゴ(抱っこ紐)で子どもを抱いて乗車した女性が、乗って来たマタニティマークの女性に慌てて席を立ちました。「いえいえ…」と制したマタニティ女性でしたが、「妊娠中の辛さを思い出した」エルゴ女性はマタニティ女性を席に座らせ、そこから初対面同士の和やかな会話が始まりました。何とも良い光景です。

* * * * * * * * * * *

写真のサムネイルを印刷したい

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。

↓ 尚、下の広告は、gooブログに自動で掲載されるもので、
  当ブログとは一切関係はありません。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いじめ

2017年01月22日 | 社会派らぼ
福島原発の事故で、福島を離れ他地域に避難した児童生徒が「いじめ」の対象になるといった事件が相次いでいます。原発に限らず、いじめの事例を巡っては、延々と「調査」が繰り返され、挙句に「いじめと認定」といったニュースになったりします。つまり「いじめ」は、複雑な手続きを経た果てに「認定」されるもののようです。

多分、いじめはどこにでも存在します。ストレスを抱えている少し力の強い者が、そのストレスを「いじめ」といった手段で発散する事は、集団を問わずどこにでも起こります。昔からのいわゆる「いじめっ子」という言葉には陰湿さがありません。ドラえもんのストーリーには、いじめっ子のジャイアンといじめられ役ののび太が登場しますが、彼らは仲の良い友だちのようです。ひと昔前の子ども達の世界の「いじめ」には、そんなノスタルジーがありました。今、ニュースを賑わせている「いじめ」は恐らく「いじめ」とは言いません。これは既に「犯罪」なのだと思います。

陰惨な手口から人の生死に関わるような事態が懸念されています。あるいは不登校などの原因を作り、社会からドロップアウトしてしまうきっかけとなり、恐喝まがいに金銭が絡んだりもします。たかが、子どもの「いじめ」と呼ぶには、度を超しています。被害者も訴えるなどの手段を取りますから、白黒つける必要もあり、「認定」というお墨付きが必要になるようです。聞くところによると、市教委が絡み、警察が絡み裁判所が絡む事態になった事件でも、それらが事実を間違いなく「認定」したかと言うと、多くの冤罪を生んでいたりもするようです。当時者が訴えている事すら、事実とは異なる場合もあるようで、それを鵜呑みにして報道するマスコミと、そのマスコミを真に受けてネットであれこれ非難する野次馬達は、発言を少し控える必要がありそうです。真実…が、誰の目にも見えているとは限らないのです。

社会はどこから歪んで来たのでしょうか。もしかすると「いじめ」はいけない事だから…と教えられ、品行方正な優しい子である事を強要されて育つために、子ども達は上手なはけ口を失ってしまったと考えるのは早計でしょうか。ジャイアンが居て、のび太が居ることによって、彼らは自らのストレスを見つめることも、その力加減を知る事も、はたまた相手が抱える哀しみを理解する事も覚えていくのです。そんな些細な気持ちの行き交いの機会を持たず、自分の気持ちに蓋をする事を繰り返す事は、いつかその蓋の下のエネルギーが自身にもどうにも制御できなくなる事だってあるかも知れません。

子ども達は、大人世代を見ています。それなりに世の中を見ています。「自分を守る」事に汲々とし、表面のきれい事とは別に、結局のところ「自分ファースト」の心の内は、子どもにも見透かされているに違いないのです。モット大きな「身を捨てたところにある大志」が育つ気風が世の中から失われて行っているのだとしたら、あまり先行きが明るいとは思えなくなります。

* * * * * * * * * * *

矢印キーでオブジェクトを移動させる距離を変更したい

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強さ

2017年01月21日 | 命の生き方
強くあるという事は大切だと思います。人が生きていくには、色々な障害が立ちはだかりますから、それらに負けているようでは目指すものが果たせません。強い信念の元に、どんな逆境をもはねのけ、たとえ吹雪の中であろうと、ひたすら前に進んで行けるような強さは、尊敬に値します。

ですが、人はただ強ければ良いわけでは、多分ありません。人は「しなやかで」ありたいと思います。かくありたいと思う理想は心の中に強く持っていても、それを実行して行くのは「人の世の中」の事でありますから、ただ強く押せば想いが叶うわけではありません。

人は他者が生きている環境の中でこそ生きていかねばならないのであって、時に押せば押すだけ軋轢が増す事も日常的にあります。他者の想いを踏みにじっていくものを「強い」とは言わないのではないかと思うのです。心の内に掲げる思いが単に自己完結型のものでしかないと、周りが見えなくなるのかも知れません。本当の想いというのは、自らを高めて行こうとする先にこそあって、初めて目指していく意味が生まれるような気がします。

* * * * * * * * * * *

文字入力を始めると表示されてくる候補リストの使い方

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。

↓ 尚、下の広告は、gooブログに自動で掲載されるもので、
  当ブログとは一切関係はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なめんなよ

2017年01月19日 | 社会派らぼ
小田原市の生活保護担当者が「HOGO NAMENNA(保護なめんな)」と綴ったジャンパーを自腹で購入し着用して仕事に当たっていたことが、受給者からの情報提供により報道されました。元々、外部に向けたメッセージではなく、担当者の士気を高め、連帯意識向上のために作られたそうです。マスコミは一斉に飛びついて、職員の意識が問われると批判しました。これを受け、小田原市は、受給者への配慮を欠いていたと謝罪した上で、ジャンパーの使用を禁止しました。市には「職員の処分が甘い」などという批判の電話が多く寄せられたそうです。…が、そうした一連の報道を受け、ネットには「何が悪いのか」とする声が相次いでいると言います。

市の担当者が着用するユニフォームとしては、品位に欠ける事は否めません。「なめんなよ」という表現は、一時期流行した「なめ猫」のキャッチフレーズでしたが(正確には「なめんなよ」のキャッチフレーズから、名前が「なめ猫」になったのでしたでしょうか)、それだけを聞くとあまり品の良い言葉ではありませんから。平常勤務にふさわしいとは思えません。

ただ、本来は不正受給を行っている当の本人に、口頭で浴びせたい(?)と言った本音を、代弁しているのだと考えてみると、職員たちのジレンマも手に取るように見えてきます。多分、窓口には一筋縄ではいかない者も訪れるでしょうけれど、職員の応対はあくまで一線を超える事ができないはずなのです。実際に職員が口にしていた場合、市民批判はもっと殺到していた事でしょう。「お役所仕事」などという言葉で、市職員の仕事ぶりは最初から、批判的に言われがちなきらいがあります。彼らのストレスは相当のものがあるのでしょう。

今回の騒動は「ジャンパーが許されるのか、許されないのか」という視点になってしまっていますが、堂々と不正を働いてくる者に対して無抵抗でいなければならない役所のあり様をどう改善できるのかが問われなければならないのだろうと思われます。

教育現場などでもある種、同様で、一線をとおに越しているであろう生徒の暴力に対してでも、教師は常に穏やかな言葉での指導を要求されています。決して「体罰」と呼ばれる指導に走れない事を、子ども側が百も承知で、教師を挑発してくる場面すらあるやに聞き及びます。教師のジレンマも相当のものになります。一方的に「体罰は絶対に許されない」とされる現行法下で、効果的な指導法を提案できる人だけが、暴力教師を批判できるのだと思います。

* * * * * * * * * * *

エクセルの列幅をcm単位で表示できませんか

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。

↓ 尚、下の広告は、gooブログに自動で掲載されるもので、
  当ブログとは一切関係はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブーム

2017年01月18日 | 雑談
我が家にはテレビがありませんので(笑)、ニュースは新聞かネット経由になります。と言って、新聞は配達までの時間がかかりますので、ニュースとしては「遅い」わけで、専らニュースソースはネットという事になります。

今日、目に留まったのは「ベビーフードダイエット」。テレビのバラエティー番組でダイエットがテーマに取り上げられ、4人の女性芸能人がそれぞれ方法の異なるダイエット法に1週間取り組むという企画。その中で、ベビーフードダイエットが試みられ、顕著な効果を上げた事から多くの関心を呼んでいるというものです。

こうしたダイエットブームは起こるや否や、売り場からその商品が消えるといった、短絡現象がしばしば起こるため、ベビーフードが売り場から消えたら困ると、異常な波及を心配する声が起きているそうです。実際に、ベビーフードの欠品が相次いでいるわけではありません。

ですが、さもありなん…ですよね。黒豆、寒天、…、記憶に新しいところではバナナもありました。テレビ等でダイエット効果があると取り上げられた途端、皆が買いに走るために売り場が空になるような異常。どうしてもこうも私たちは懲りないのでしょうか(笑)。業界からすれば、一瞬でもバカ売れする事で、儲かるわけですから、まんざら悪いことばかりでは無いのでしょうけれど、一々ブームに乗せられないようにしたいものですよね。

私自身は、ダイエット!と言う割に、「どうせ何もしないんでしょ」と、子どもに見透かされています。そんなに劇的に効果のある健康法があるやには思えないという疑り深さが功を奏しているようです。何か忘れましたが、やはり一時的にブームを呼んだ商品が、後になって「効果は無かった」と実証された時、知人が「〇〇って、効果が無いらしいのよ」と言うので、思わず「え?効果があると思ってたの?」と聞き返し、唖然とされた覚えがあります。何も信じないというのも、問題があるでしょうけれど、噂を鵜呑みにしないようにしましょう。。

* * * * * * * * * * *

ライセンス認証はインターネットを繋がないとできませんか?

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。

↓ 尚、下の広告は、gooブログに自動で掲載されるもので、
  当ブログとは一切関係はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年賀状

2017年01月17日 | 雑談
今年も、年賀お年玉くじの当せん番号が決定し発表されています。年始にいただいた年賀状を確かめてみましたら、数枚当たりくじ。勿論、「お年玉切手シート」です。これまで、それ以上のものが当たった試しがありません(笑)。世の中には、当たる人もいるはずなんですけどね。(以前、私が送った年賀状が当たった…と伺ったことはあります。)

年賀状、この頃は手書きする人も少なく、殆どがパソコンで印刷です。それでも、いただくと嬉しいものです。年賀状を1枚、1枚書き上げたのは随分前。今は、パソコンに向かってデザインする時間は多少ありますが、ファイルが出来上がってからは、プリンタにどんとハガキの束を置いて印刷命令を出しておけば、放置しておくだけで印刷が完了します。簡単なものです。

当然、住所録リストはパソコンの中にあります。1枚、1枚確かめて書くわけではありませんから、住所や名前、郵便番号違いなど、放置されがちです。私の名前は、特別変わった名前では無いのですが、普通に読みを入力して出て来る漢字の中には大抵ありません。当然、いただく年賀状の名前は違った文字でいただくものも混じってしまいます。

仕方ないですよね。私も経験があります。住所変更とか郵便番号を間違えていたりしたものに気づかず、間違いのまま印刷して投函してしまった事が。でも言われてみれば、1枚1枚そこに意識を巡らせていないのは確かです。パソコンがリストファイルを使って差し込み印刷をしてくれますから、チェックもしない(笑)。

今はそんな時代になってしまいました。ですから、たとえ間違えられていたとしても、「登録が間違って入ってしまっているんだなぁ」と思う程度で、特段気にもなりません。

でも、フト立ち止まってみたら、それってもしかするととても失礼な事をしているのかも知れません。時短や技術の裏に隠れてしまっているけれど、本当は「心」が失せて来ているのかも知れない…と、フト気になりました。ハイ、今年の住所録チェック、お名前の確認、しっかりやろうと思います。

* * * * * * * * * * *

数式バーをクリックすると、色帯がかかる

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。

↓ 尚、下の広告は、gooブログに自動で掲載されるもので、
  当ブログとは一切関係はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受験

2017年01月16日 | 雑談
この寒い雪の中、受験生の皆さんご苦労様でした。人生にとって大学だけがすべてではありません。但し、大学に入りたい人が受け入れ可能な人数より多い以上、何らかの方法で選抜を行う必要はありますし、どうしても入りたければ、要求される学科試験で高得点を取らなければならない現実は、当分変わる事はないでしょう。希望する大学への進学を後押ししてもらえる幸せな環境にいる受験生達が「生きていく」事はまだ保護者任せで許されるのであれば、人生にそうやってしゃにむに勉強する期間があっても良いのかも知れません。

にも関わらず、不正行為が全国で12件あり、これまでの最多だと発表されています。対象の12人に対しては受験全科目が無効になったそうです。報じられている内容を見ると、それは無いでしょうと思うような悪質なカンニングがありました。この受験生は、あらかじめ教科書の画像をスマホに入れており、問題冊子の下に置いて画像を見ていたと言いますから、全科目無効で致し方無いでしょう。

試験終了後、解答を修正した…とするものもありました。恐らく「止めー!」と言われた瞬間にチャチャっと書き換えたものと思われます。私は日頃検定試験に関わりますが、その際に「試験終了の合図があったら即座に手を離してください」とお願いをしています。後一つだけ!という皆さんの気持ちは、痛いほどわかっているつもりですが、終了後の操作を認めてしまうと、それは「検定」の価値を下げる事になってしまいます。懸命な思いで試験に挑戦されているわけですから、その試験の価値を下げるような事はしたくないのだと、「説明」をしています。受験される方々は、真摯に守ってくださいます。

使用が許可されていない電卓を使ったとか、定規を使った…といった不正もありましたが、会場の監督は彼らが机上に電卓や定規を置いていたことに気づかなかったのでしょうか。使用が許可されていない事を認識していなかったという単なる勘違いなのであれば、その科目のみ無効にする…といった処置もあり得るかなと思いました。

基本的には大学入試を受けるのは高校生です。高校生たちは、学校で勉強した力を、試験場で発揮するべく奮闘しているのですが、「入試の心構え」のような当たり前の事も、教師や会場試験官は確認しても良いのかも知れません。どうか、この失敗で「人生まで失った」と勘違いをせずに、果敢に自分の限界に挑んで欲しいと思います。がんばれ、受験生。

* * * * * * * * * * *

必要のない時はタスクバーを消したい

パソコンのご質問を(ぱぁと2)にまとめています。ご連絡の際は、メール(chiko_419@yahoo.co.jp)をお送りください。

↓ 尚、下の広告は、gooブログに自動で掲載されるもので、
  当ブログとは一切関係はありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加