パソコンカレッジ スタッフのひとりごと

パソコンスクールのスタッフが、
初心者から上級者まで役立つ情報をお伝えします。

売り上げがある月だけの平均を出す

2012-06-12 09:29:11 | エクセル
今日は、生徒さんからの質問を取り上げます。

以下のような表があるとします。
売上集計表ですね。
1月から6月までの各商品の売上額が記されています。
最下行には、月ごとの売上合計額がありますね。これは、SUM関数で算出しています。

最右列には、この半期の売上の平均値が出ています。




I列の平均値は、AVERAGE関数を使って算出しています。
引数は、6か月分のセル範囲となっていますね。でも、ちゃんと3か月分の平均値が出ています。



さて、最下行の合計値に対する平均値を見て、違和感を感じませんか?
答えは、売上のある3ヶ月間の平均値ではなく、6ヶ月の平均値になっていますね。



どうやらAVERAGE関数は、空白のセルは無視するようですが、計算式の入っているセルは計算の対象にするようです。

そこで、今回は、「売上がある月だけの平均を出すにはどうしたらいいのか?」という要望に応えます。


この場合、AVERAGE関数ではなくて、AVERAGEIF関数を使うのがポイントとなります。
AVERAGEIF関数は、条件付AVERAGE関数です。条件指定をして平均値を算出することができます。



引数は、下の図のように指定します。
第2引数によって、値が0より大きいセルだけを平均算出の対象としています。
これによって、今回の意図とおりの結果を得ることができます。



今度は、3か月分の平均値となりました。



なお、4月のデータを入力すると、平均値はきちんと更新されることがわかります。




だい
『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メモ帳の行番号 | トップ | パソコンに取り込んだ音楽の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセル」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL