パソコンカレッジ スタッフのひとりごと

パソコンスクールのスタッフが、
初心者から上級者まで役立つ情報をお伝えします。

累計を簡単に表示しましょう(Excel初心者)

2017-05-17 17:29:00 | エクセル
皆さんおはようございます。

さて↓このような表があったとしましょう。



いちばん右の列に累計を出したいと思います。

sum関数と絶対参照を使えば簡単に出来るんですよ。

絶対参照とは、数式で参照するセルの行列番号に"$"

を付け、セルを常に固定することを言います。

数式をコピーするときに使用します。

さて

セルD3を選択し、=sum($C$3:C3)と入力します。



そして、オートフィルを使ってセルD11まで数式をコピーしましょう。

コピーした数式を確認してみると・・・

セルD4=sum($C$3:C4)
セルD5=sum($C$3:C5)
セルD6=sum($C$3:C6)
セルD7=sum($C$3:C7)

このように、正しく合計を出す範囲が設定されていますね。

ただ、エラーチェッカーが表示されてしまいます。



これはExcelがご親切に「あなたが数式で参照した範囲の下にはまだ数値があるの

に、それを合計に含まなくていいんですか?」と心配してくれているんですね。

今回は心配ご無用(*^_^*)ですね。

エラーチェッカーがうっとおしかったら、

表示されている範囲を選択し、エラーのスマートタグをクリックして

「エラーを無視する」を選択しましょう。エラーチェッカーが消えます。



累計を楽ちんに計算できました。






エクエルって奥が深いですね。

奥が深いと言えば、エクセルって色々な機能があって、使い方によってはまるで手品(マジック)のようになるんですよね。

子どもの“プログラミング的思考"をグングン伸ばす本

この本、おすすめですよ(^^)

mihoりん
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Accessのデータをエクセルフ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kuma)
2009-07-30 12:10:10
勝手ながらいつも参考にさせていただいています。ありがとうございます。
Kumaさんへ (mihoりん)
2009-07-30 15:27:48
Kumaさんご訪問ありがとうございます。

どんどんいらしてくださいね(*^_^*)

私たちも小技、大技をたくさん

提供できるようがんばります。
毎日見ています (doremi)
2009-07-30 23:23:24
つい最近見つけました
とっても参考になります
難しい事の方が多いのですが、毎日楽しみに見せて頂いております
質問をしたいのですが・・・
コンサートの曲目と作曲家がタブとリーダーで
2段組みに書いてありますが作り方が分かりません、教えて頂けたらと思いますが・・・
お願いします
doremiさんへ (mihoりん)
2009-07-31 12:55:42
doremiさん うれしいコメントありがとうございます。

そして質問、大歓迎です♪ありがとうございます。

次回の記事の載せますね

どうぞお楽しみに・・(*^_^*)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL