パソコンカレッジ スタッフのひとりごと

パソコンスクールのスタッフが、
初心者から上級者まで役立つ情報をお伝えします。

パソコンで音楽を高音質で聴こう!(オーディオプレーヤー編)

2012-03-31 09:01:31 | ソフトウェア
皆さんはPCで音楽を聴くときにどんなオーディオプレーヤーソフトを使ってますか?
Windows 標準の「Windows Media Player」や「iTunes」などが多いかと思いますが。

今回は「ASIO」と「WASAPI」対応のプレーヤーソフトを紹介します。
「WASAPI (Windows Audio Session API)」はVistaから導入された新しい音声出力方式です。


私は「ASIO」対応のサウンドボードにしたので、「ASIO」対応のプレーヤーソフトを探しました。
パソコンで音楽を高音質で聴こう!(サウンドボード編)

サウンドボードやオンボードのサウンドチップが「ASIO」に対応していなくても
Windows7やVistaなら「WASAPI」対応のプレーヤーソフトを使うと音質が向上するんですよ。

「ASIO」や「WASAPI」対応のプレーヤーソフトはいくつかありますが、今回紹介するのは
「AIMP3」と言うソフトです。
ちなみにこのソフトはロシア製です。

ダウンロードは下記サイトから

aimp Home Page

ロシア製のソフトなのでサイトもロシア語ですが、ページの右上の「EN」をクリックすると
英語表示になります。さすがにロシア語は読めないですが英語なら何とかなりますよね。



「Navigation」の「Download」をクリックして、↓の画像の赤枠内のどこでもいいのでクリックすると
ダウンロードできます。



インストール言語は英語ですが、インストール後は日本語にも対応しています。

↓が起動した「AIMP3」です。



まずは「ASIO」や「WASAPI」を使う設定をします。
「メインメニュー」→「環境設定」をクリックします。



サウンドボードが「ASIO」対応なら「ASIO」が表示されるので選択します。



「WASAPI」の場合も同様に設定します。



上の画像が私の自作PC(Vista)で、下がWindows7のノートPCですが何か気づきませんか?
実はこのソフト、Vistaでは「WASAPI」が使えないんです。何でかなぁ〜?

後ほどVistaでも「WASAPI」が使えるソフトも紹介しますね。


「ASIO」や「WASAPI」対応のソフトのなかで「AIMP3」を選んだのは操作性がいいんですね。
結構直感で使えるし、難しい設定もあまり必要ないです。

プレイリスト機能が充実しているのとインターネットラジオ(IceCast)にも対応しているのも
選んだ理由です。

それにスキンも色々選べるのがいいですね。

スキンはサイトの「Navigation」→「Skins」をクリックしてダウンロードできます。



スキンによっても操作性が変わってきますが、私は「Windows Media Player」風のスキンを
使っています。

Dark WMP12 Aero v1.2



スキンには「iPhone」風のスキンもありますよ。

iAmp




さて、それでは肝心の音質ですが「Windows Media Player」で聴いたのに比べたらかなり良いです。
音がクリアで、音の輪郭まで聴こえるという感じですかね。
聴き比べると「Windows Media Player」の音がこもったように聴こえるくらいです。

この音質向上には感激しました。音楽CDだけでなくMP3でも違いが分かります。

お客さんにオーディオマニアの方がいるんですが、自宅のオーディオと私のPCで聴き比べして
もらいました。

「PCでここまでの音が出せるとは!」と驚いていましたよ。

実際に私が聴き比べた感じでも「おっ、ウチのPCの音も結構イイじゃん」って改めて思いました。
本格的なオーディオシステムと比較するのもおこがましいですが。(^_^;)

ちなみに聴き比べたのは「JAZZ」を数曲です。
この時からちょっと「JAZZ」にハマってます。(^_^;)


「WASAPI」には「排他モード」と「共有モード」があるのですが、「AIMP3」は「共有モード」にしか
対応していません。

「排他モード」では「ASIO」と同じくWindowsのカーネルミキサーを通さずオーディオ出力されるので
音質が向上します。
しかし、プレイヤー再生中は他の音は一切出ない。と言う不便なところもあります。

一般的に「排他モード」では音質は向上するけど、「共有モード」ではそれほど向上しないと言われていますが
「AIMP3」は「共有モード」ですが違いが分かります。
明らかに音がクリアになります。

ちなみに「iTunes」も最新バージョンでは「WASAPI」に対応しているみたいです。(共有モード)

WASAPIでiTunesを高音質に再生!


「AIMP3」がVistaでは「WASAPI」が何故か使えないので、Vistaでも「WASAPI」が使えるソフトを
紹介しますね。

「uLilith」と言うソフトです。

下記サイトからダウンロードできます。

-= Project9k =-

これは日本の方が開発したソフトです。そして「WASAPI」の「排他モード」にも対応しています。

詳しくは下記サイトをご参考に。

ulilith @ ウィキ - トップページ


「uLilith」を起動したところです。



設定画面です。Vistaでも「WASAPI」が使えます。(「AIMP3」で使えないのがおかしいんですけどね)



ちなみに「WASAPI」の「排他モード」を使うには、「コントロールパネル」→「サウンド」
→「再生」タブの「スピーカー」→「プロパティ」の「詳細」タブで、↓の赤枠にチェックが
入っていると使えます。(デフォルトでチェックは入っていますが)




今回紹介したオーディオプレーヤーのソフトを使うとWindows7やVistaの人はタダで音楽再生の
音質が向上しますので、是非お試しくださいね。

XPの人は「ASIO4ALL」と言うASIOドライバーのないオーディオインターフェイスをASIO対応に
できるソフトもあります。

※今回の音質に関しては私個人の感想です。音の好みは人それぞれなので、全ての人に当てはまる
 わけではありません。
 自分が良い音と思う音がその人にとっての高音質でしょうね。


(ケン)
ジャンル:
ソフトウェア
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« Excelの行列番号がえらいことに... | トップ | 今週のおすすめ記事 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御礼 (ramtha)
2013-01-18 21:20:47
PCど素人同然の者です。
prodigyに玉砕して音声向上プログラムがあることを知り、DFX(不自然,人工的),SRS(大事な要素を犠牲にした明瞭さ)と試してみましたが、何かコレじゃない感がしてモヤモヤ不満でしたが、そのとき当サイトに出会いました。コレはかなりイケてます!!50$までなら払ってもいいレベルです。ありがとうございました。
ただ・・・ (ramtha)
2013-01-18 21:26:01
ああ、でもこれが動画で堪能できればもっといいのですが・・・。
助かりました! (42)
2013-02-03 23:23:04
SE−PCI300を使っていたのですが、イコライザをいじってたりなどいろいろ設定をしても満足はできませんでした・・・

が!このサイトに出会い初めて満足いく音質を味わえました!ありがとうございます!
ramthaさんへ (ケン)
2013-02-07 09:38:12
コメントありがとうございます。
レスが遅くなってスミマセン。

お役に立ててなによりです。
動画でもやっぱり音が良い方がいいですよね。
42さんへ (ケン)
2013-02-07 09:38:43
コメントありがとうございます。
レスが遅くなってスミマセン。

満足のいく音質になって良かったですね。
お役に立ててなによりです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。