原点回帰

日常そのものがスピリチュアル。普段の生活の中からスピリチュアルなことを綴っています。

悟後の修行2

2016-10-18 23:10:45 | 悟り
私は悟りの体験をしてから「悟り」には興味がなくなり本なども読まなくなりました。

それからというものカルマや心理的トラウマの解消に取り組んで来ましたが、まだカルマもトラウマも残っていると感じています。

私が悟後の修行をしていく上で一番感じているのは、悟り前と比べて心の意識の波をとらえるアンテナが各段に向上したことです。
まるで水と油の関係というか、鏡がエゴの思考を映し出しているような感じです。
もはやエゴの感覚と悟りの感覚がゴチャ混ぜ状態ではいられなくなっているのです。

ふとエゴの思考が入ってきた時はそれをキャッチすることができますが、逆に思考の世界に漂うことも出来ます。そして怒っているときも、悲しんでいるときも、喜んでいるときも浮かれているときも、その裏で今「怒っている」「悲しんでいる」「喜んでいる」・・と冷静に見つめています。

さらに解消のためにとインナーチャイルドワークなども行いましたが、それをしてもなかなか済まない奥深い感情が噴出し、宇宙からか地球からか持ち越した心のヒダに刻まれたその根深さに我ながら辟易しています。

「どこまであるんだろう」と思いながらも「もうずいぶん解消してきたかな」などと思っていると、ふとした拍子に出てきてしまい「まだあったのか~」と打ちのめされてしまいます。
この連続ではありますが、その度にだんだん深層にアクセス出来るようになっていきます。
たとえ小さなことでも以前なら流していた、気づけなかった自分の振る舞いをほっておくことができないのです。

私の場合はこんな風なのですが、こうなってしまうと悟りは目的でもゴールでもなく「本当の自分」になる(スピリチュアル風に言えばハイヤーセルフとの合体)ための手段になっています。

中にはもともとカルマの軽い方や地球に転生経験が少なかったり、あるいは初めてという方もいると思います。
そういう方は悟りと同時にカルマは消滅しているかもしれませんし個性にも大きな変化があったかもしれません。

私たちは皆「違う」からこそこうして分離して存在しているのですから、悟後の修行といっても個人差があり内容は千差万別です。

これも当然といえば当然ですね・・


最後までお読みくださりありがとうございます。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悟りは体験談 | トップ | 一日の中の悟り »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。