原点回帰

日常そのものがスピリチュアル。普段の生活の中からスピリチュアルなことを綴っています。

悟後の修行

2016-10-15 00:05:18 | 悟り
悟りの体験をしたらその後いったいどうなるのでしょう。私の場合どうだったのかお伝えしたいと思います。

悟ってから一体何が変わったのか。
正直、今となってはこの感覚が当たり前すぎてよくわからなくなってきましたが、

悟るとオーラが輝き見た目から変わるのかというと・・

変わりません。まったく普通で誰にもわかりません。
ここは大事なのですが、悟っただけでは格段に霊格が向上するわけではないのです。

聖者になるのかというと・・

当然なりません(笑)。少し意識が変わるだけです。
逆に調子に乗って覚醒者気取りになってしまう恐れがあります。罠です。
悟りの意識には独特のエネルギッシュな感覚、テンションがあるのです。
私の場合、覚醒してしばらくの間よくテンションが上がってました。

宇宙の果てのことを知っているのかというと・・

・・知りません。

悟ると「自分」というものがなくなってしまうのかいうと・・

個性も性格も顔かたちもそのままです。ただ目が変わったかもしれません。
だいたい目で分かります。

人格が変化するのかというと・・

しませんでした。人格の変化や向上は現実的なコミュニケーション努力が一番効果的と思います。
それしかないかもしれません。

本当の自分を取り戻せるのか・・

すぐには戻らないです。本当の自分を取り戻すには、それを遮る心理的カルマを解消する必要があると思っています。
スピリチュアルでなくても霊性というものを認めていれば、現実的な心理療法でも悟りは可能と思います。

悟ったとたんカルマやトラウマが消滅するのかというと・・

消滅しません。いきなり完全無欠になるのではないのです。
ここも大事なのですが、仏教の伝記(釈迦仏の前生話)にあるように、気の遠くなる時間をかけカルマをすべて消滅させてから悟りに至るような印象を持たれている方もいると思います。そういう方法も考えられますが現実的ではないと思います。

インドのヨガにもいろんな悟りの考え方がありますが、今は先に悟りを終わらせ残りのカルマの解消は後で行うという方法が現実的だと思います。
それだけ今の時代は悟りやすくなっているということだと思っています。

ただ、今では「カルマを解消する」。これすらも幻想としてスルーしようとする方法や捉え方もあります。
悟りの意識の中ではカルマも当然幻想なのですが、その方法で実際にカルマやトラウマが消え去ってしまうのかは知りません。

では、悟ったからと言ってあまり変わってないように思うかもしれません。
では、いったい何が変わったのか。

ただ「わかった」だけなのです。

全部自分だった・・
全部同じだった・・
全部一つだった・・ 

・・ただそれだけです。

それまでは池の泥底の泥にまみれていました。泥を泥とも思わずに・・。
それがいつしか泥の存在に気づき底から出たいと思ったのです。

そして泥から離れ水面を突き抜けた時、ようやく全貌がつかめたのです。
その驚きたるや・・ その喜びたるや・・
蓮の花は本当に良くたとえられていると思います。

蕾から開花までにしばし時間差があるのです。

それが悟後の修行だと思います。


最後まで読んでくださりありがとうございます。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悟りの体験(回想) | トップ | 悟りは体験談 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。