その蜩の塒

徒然なるままに日暮し、されど物欲は捨てられず、そのホコタテと闘う遊行日記。ある意味めんどくさいブログ。

村山葉山畑コース(2)

2016年10月17日 | 登山・トレッキング


 ブナは細いのが多かったですが、黄葉したらキレイでしょうね。落葉は昨年のものですが、厚くてかたいのでなかなか分解しません。紅葉は一挙に色が付くわけではなく、部分的に進行します。



 一服台、聖仏平(そんぶつだいら)、どうだん通りと次々と標柱が現れます。市街地の屋根が光ってますが、雲が多く不安定な天気で雷注意報も発令されてました。前日も晴れたり降ったりの繰り返しでした。遠くの山々は朝日連峰らしいので、市街地は大江町、西川町方面ってことになります。



 どうだん通りと言うわりにはそれほど多くはありません。ドウダンツツジの実ってあまり目にすることがないですが、鈴生り状態なのですぐ分かるはずです。


 大尊仏見晴台。聖仏は尊仏の方が自然かも。



 岩野コースとの分岐点に出ますと、すぐお花畑です。林間キャンプ場のところにも登山口があったんですね。1台車が停まってたので気にかかってはいました。


 分岐手前はぬかるみが多く、スパッツは必須です。


 ドウダンは紅葉すると映えますね。


 こうして振り返ると奥深い山です。


 大ツボ石からは眺めがいいです。山頂奥に奥の院が見えてます。


 月山も見えてました。


 山頂(1,462m)は笹が伸びていて展望はあまりよくなかったです。



 部分的には色づいてはいるものの微妙です。


 小憎森からお花畑を。それほどキレイな紅葉とは言えません。時間の関係で奥の院へは行きませんでした。登り2時間25分、下り1時間35分でちょうど4時間で往復でした(登山口を起点)。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 村山葉山畑コース(1) | トップ | 吹上温泉峯雲閣 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じ山 (やま・ゆり)
2016-10-21 00:37:38
山形には葉山が二つはあるので、上に地名をつけて区別してますね。
長井葉山は、残雪時に山開きで何度か登りましたが、村山葉山には、登ったことはありません。
近くの十部一峠は、昔朝鮮人が強制連行で働かされた場所でもありますね。

神室山も同じ山があって、ここも区別されて呼ばれてますね。
最上神室には一度行きたいと思いつつ、とうとう行けませんでした。
ブナ林の、良い山のようですね。
私は、笹谷峠から山形神室~仙台神室を一人で何度か歩きました。
タケノコを取りながら。
今はもう、熊が怖くて行けませんね。

吹上地獄谷は、鬼首ですよね。
昔キャンプしながら行って、そこにも訪れました。
懐かしいです。^^
Re:同じ山 (ひぐらし)
2016-10-21 09:40:15
 やま・ゆりさんこんにちは。
なんでも山形に葉山は4つあると何かで見た
記憶があります。
峠道はどこも狭くてカーブが多いので、登山
口に辿り着くまでに疲れてしまいます。

かむろも神室山、禿岳、神室岳と3つありますね。
神室岳はトンガリ山とか仙台神室の形が面白く、
眺望もよさそうなので来年登ってみたいと思います。

最上神室は、秋田側と山形側からの2回登ってます
が、いずれも急登で息切れしました。

吹上地獄谷は鬼首です。
最初鬼首のキャンプ場にも泊まる予定でしたが、
休みがとれなくなってしまい朝2時半にウチを出
ました。1,500円のテン場代は私にとってはそれでも
高いです。
それにしてもやま・ゆりさんはあちこち行かれてますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む