その蜩の塒

徒然なるままに日暮し、されど物欲は捨てられず、そのホコタテと闘う遊行日記。ある意味めんどくさいブログ。

キウイの花

2017年06月15日 | 園芸・田畑

 散策していて見つけた花です。左上;キウイの花。どことなくチングルマに似てます。雄雌異株なので、雄花と雌花は違います。 右上;バラ科キイチゴ属ナワシロイチゴ。

 話は変わりますが、先日ネマガリダケを東京に送ったんですよ。毎年チルドゆうパックで送ってたんですが、今回はヤマトで。するとクールだと「不在時宅配ボックスへ」は選択できないとのことでした。たしかに宅配ボックスに置かれるとクールにした意味がないですからね。その宅配ボックスも数に限りがあるので、入りきれないのは再配達の対象になってしまいますけど。業者は夕方から22時頃までは不在票からかかってくる電話へ個別に対応していき再配達となるわけですが、その割合は20%にも達するそうです。

 大手と契約しているセールスドライバーは、荷物1個につき150円の契約で1日150個配るとして22,500円。しかし再配達費用は別途もらえるわけではありません。ガソリン代も自腹、朝6時~23時まで動き回ってることを考えると、とても割に合う仕事ではありません。

 ところで大型トラックには80km制限の速度抑制装置(スピードリミッター)の装着が義務化されてますが、これを100kmまで引き上げるべく目下国交省で検討中です。実際、リミッター装着車同士で追い越しをかけられるとなかなか越せないため、渋滞の原因となっています。一般道では宅配業者が時速50km以下で走行するため、帰宅時間帯の田舎道では数十台の渋滞を招くこともあります。迂回路がない田舎では迷惑なんてもんじゃないです。荷物の量が増えてるのに制限速度厳守は現実には矛盾。自動運転レベル5になったとして解消されるわけではありません。それと人手不足なのに週休3日制の導入。だいたい働き方改革と人手不足が寄り添えるわけがない。空はあいてるわけですから、その空にレールを敷いてドローン宅配を実現させるしかないのかな。

 人手不足はデパート、スーパー、外食産業にも及び、人件費の高騰あるいは24H営業をやめ営業時間を短縮するなど影響は出始めてます。こんなんでもうすぐやってくる2025年問題に対処できるのか大いに疑問。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほっともっと~焼肉ビビンバ | トップ | 高砂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

園芸・田畑」カテゴリの最新記事