~風に吹かれて~ by ポー(paw)

-人の中に 人の創り出した物の中に 動植物の中に 地球や宇宙の中に 魂の琴線にふれ 愛を感じながら 生き込みたい-

田島ヶ原1(ノウルシ)

2017-04-05 16:55:39 | ・植物

2017.4.2 田島が原へ行ってきました。

荒川にかかる秋ヶ瀬橋の南側、河川敷に広がる4.1haの草原で、約100万株のサクラソウやノウルシなど約250種の野草が

自生しており、国の特別天然記念物に指定されています。

ノウルシが満開でした^^

ノウルシ(野漆)

川岸や湿地帯などに生え、しばしば大群生する多年草。
名前の由来は、茎からウルシに似た白色の乳液がでて、ウルシと同様にかぶれることから。
4-5月に茎先に葉が5個輪生し、葉腋から枝をだし杯状の花序をつける。
黄色の花びらに見えるのは総苞葉。
葉は互生し、葉身は5-10cmの狭楕円形から披針形。
有毒植物で誤食すると下痢・胃腸炎、茎を切ると出る乳液がつくと皮膚炎を起こす。環境省・準絶滅危惧種指定。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅園神社(埼玉県越生町) | トップ | 田島ヶ原2(サクラソウ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

・植物」カテゴリの最新記事