やっさんの楽園

自身の中途半端をブツブツ言いたいのでしょう?(同じ歳の妻。嫁に行った娘、孫有り)

余韻を楽しむ(演奏してみる)

2017年06月02日 | うんちく・小ネタ

頭の中で鳴ってる。
2人のサックスプレイヤーの演奏が。(前回のライブから引き続く)

今年の仙台Jazzプロムナードの日程が決まった)楽しみが増えた

音の「ノリ」の基本レッスンを受けている。
指の動きがどうの、音色がどうのとか、言う前に、
音の長さを表現する。ノッテいける!!
(散々曲を鳴らし、楽しんだら、次は基礎練習?逆走だな?)

スィング感を得る、基礎練習だ。アキラメテ同じことを繰り返すしかない。
(バックに、電子音で作り出した拍子の音が聞こえる)

気が緩むと、(集中力を失うと)音の運びが思わしくなくなる。
音が一旦クヅレると、ダメだ。(原因がある。見つかるものだ)

基礎練習は、いいや?と考えてたが、
ここまできたら、やってみても、いいんじゃないか?の師匠の一声に反応した。

ライブを聞きに行っても、ノリを楽しめる。「おまけ」が付いて来た。

Jazzライブの会場には、プログラムは無い。
あの曲だ。この曲だと反応する。(分からない曲は、本人に聞く?)

記憶をたどりながら、譜面を取り出して
演奏して見る。(冷めかけた熱が蘇る)楽しい時だ。

昔、長嶋選手をTVで見て、こうだ、ああだと真似た。
形は似てきたが、肝心のボールにあたらない?(格好しいでオシマイ)
マネから始めるものさ?はじめは?次に行かないで真似し続けてる世代?

右のまわし取ったら、引きつけ、右に回り上手投げ?(相撲の場合)
困った時には、靴の紐、しばり直す?(野球投手の場合)
マイクを回しながら歌う。郷ひろみ?(カラオケの場合)

真似ばかりを覚えている、中高年?(うるさい解説者にもなる)だから、
基礎練習は、話のネタに合わない。
同調が得られないだけだ。独りで悩め、忘れないようにね?

もう少しだけ基礎やったら、普通のおじさんにもどる?
(音、ノリは二の次、格好とパフォマンスで行くか?ダメダこりゃ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャズライブに行く。(Take ... | トップ | バラに気のきいたこと言う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。