「わた」の世話ないよ!

ジムニーをいじくりたおして黒ラブ トロと林道へ
仕上げは山行の3点セットで「せわないやろぉ」とお気楽に楽しんでます

MTBの部品交換

2017-07-13 | 修理・製作

山の林道(グラベル)で使う分には問題ないが、

下界で舗装路(ターマック)を走ると、

きまって尻が痛くなる。

 

これ「尻痛」は、

サドルにかかる荷重を、

減らしてやれば、

改善するのではと思った。

 

ハンドルバーとコラムを連結する

ステムを長いのに交換することで、

ハンドル位置を現状よりも

遠く低くすると、

荷重が尻から腕へ移動するのじゃないか、、、

というイメージ。

 

 

現在付けているのより

出幅が40mm長い100mmで、

角度も増した

ステムに交換する。

もちろんお財布に優しいの。

 

 

軽く試乗すると、

腕(ハンドル)にかかる荷重が増加して、

尻(サドル)は軽減したのが実感できる。

 

実際に長距離走してみたら、

このステム交換が、

正解だったか否かはっきりするだろう。

結果が楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グラススキー4日目 | トップ | 坂瀬の林道 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL